活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

NASA式 最強組織の法則

NASA式 最強組織の法則NASA式 最強組織の法則
(2015/03/06)
ロッド・パイル

商品詳細を見る

満足度★★★
付箋数:18

よく「◯◯式」というタイトルのビジネス書がありますが、
本書は、その手のビジネス書ではありません。

タイトルからすると、NASA(アメリカ航空宇宙局)の組織力を
ビジネスに活かす本のようなイメージを持つかもしれませんが、
本書は純粋にNASAのイノベーションの歴史を綴った本です。

原題は「Innovation the NASA Way」。

著者はNASAのジョンソン宇宙センターにてリーダーシップ研修の
指導経験を持つロッド・パイルさんです。

NASA出身の方ではありませんが、ヒストリーチャンネルや
ディスカバリーチャンネルでNASAに関するドキュメンタリーを
いくつも作成していますから、かなりNASAに精通した方です。

本書では50年にわたるNASAの宇宙事業を「ミッション」、
「課題」、「ストーリー」、「解決方法」、「イノベーション」
という構成で振り返ります。

これまでのNASAのプロジェクトにおける挑戦と改革の歴史が、
入念な取材によって、詳細に語られます。

  「We choose go to the moon.(我々は月へ行くことを選ぶ)」

1962年9月12日にライス大学でケネディ大統領が、
かの有名な演説を行った時、NASAは設立されてから
僅か3年しか経っていない組織でした。

  「それは無謀な目標だった。当時も言われていたが、
  エンジニアたちは、自分たちが何を知らないかさえ
  わかっていなかった。金属合金や加工設備、手順、そのほか
  さまざまなことが構想段階にもなかった。
  それにもかかわらず、1969年中頃には有人月面着陸が達成された。」

これは、かつてのNASAが大胆で、果敢で、かつ情熱的
だったからこそ成し得た偉業です。

本書ではNASAのイノベーションでも有名なものから、
世間ではあまり知られていないものまで詳しく紹介します。

NASAがこれまで宇宙を目指して開発してきた技術は、
副産物として、社会にも様々な恩恵がもたらされてきました。

過去の輝かしい業績に比べると、最近のNASAは多少色褪せて
見えるかもしれませんが、その困難にチャレンジする精神は、
新しい形で、新しい世代に引き継がれつつあります。

  「新しく、素晴らしいものが生まれてきている。
  自分たちがNASAの代わりになろうと、数多くの民間の企業家たちが
  飛び込んできたのだ。その中で一番目立つ存在が、
  スペースXのイーロン・マスクだ。
   “インターネット長者が資金を出した民間企業が、ロケットを
  作るだって? そして宇宙船も? それで宇宙飛行士を運べるか?
  無理に決まっている!” という発言が、とてもそんなことを
  言いそうにない人の口からでていたころに、マスクはきわめて不利な
  状況の中を強引に突き進み、自分の夢を実現したのである。」

NASAは、当初、誰もが無理だと言っていた、
月面に人類を送り届けるミッションを見事に達成しました。

一方、マスクさんは究極の目標として、火星に移住することを
掲げており、これもまた、現在の常識では不可能に思えます。

しかし、月を目指していた頃、NASAが持っていた
大胆で、果敢で、情熱的なところを
マスクさんは備えているので、実現の期待も高まります。

この本から何を活かすか?

NASAの設計思想で有名なのが「冗長化」です。

絶対に失敗できない環境下でのミッションにおいては、
システムの一部に何らかの障害が発生した場合に備えて、
予備装置を平常時からバックアップとして用意します。

冗長性が確保できない場合は、重量制限を守りつつも、
システムに過剰な性能を持たせて高い信頼度を確保します。

NASAで発展した冗長性を持たせた設計思想は、
現代の高度にネットワーク化された現代社会においては、
より重要な役割を占めるようになってきています。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 科学・生活 | 12:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/2394-7950bc2f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT