活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

マイクロソフトを辞めて、オフィスのない会社で働いてみた

マイクロソフトを辞めて、オフィスのない会社で働いてみたマイクロソフトを辞めて、オフィスのない会社で働いてみた
(2015/02/18)
スコット・バークン

商品詳細を見る

満足度★★★
付箋数:24

非常に面白いビジネスのドキュメンタリーですが、
著者がオフィスのない会社で働くために、
マイクロソフトを辞めたわけではありません。

著者のスコット・バークンさんは、元マイクロソフトの
マネジャーで、インターネットエクスプローラーの開発などを
主導した方です。

マイクロソフトを辞めた後は、著名コンサルタントとして
講演や本の執筆などを行っていました。

本書は、次のようなきっかけで書かれています。

  「多くの人は、著名なコンサルタントがビジネスの最前線に
  戻ったらどうなるだろうと思っている。
  著作や講演という安全な場所から説いていたことを、
  本当に実行するのだろうか、と。
  この10年間で私は4冊の本を書いてある程度好評を得たこともあり、
  自分自身がどのくらいその罠にはまったかと考えていた。
  もしまた現場のマネジャーになったら、自らのアドバイスに
  したがうだろうか。そこが知りたかった。」

バークンさんをビジネスの最前線へ復帰するように誘ったのが、
ブログ用ソフトウェアの「ワードプレス」の開発を行う
オートマティック社の創業者、マット・マレンウェッグさんです。

そのオートマティック社がリモートオフィスだったという訳です。

本書はバークンさんが、ワードプレスの開発に加わり、
リモートオフィスという自由な環境の中に
「チーム制」を導入して、更に強い組織に変革する記録。

ちなみに本書の原題は、「The Year Without Pants
: WordPress.com and the Future of Work
」です。

リモート=在宅ということではなく、チームがオフィス以外の
場所に集まって働くことがあります。

実務優先でポートランドやニューヨークに集まったり、
旅情優先でアテネやリスボン、ハワイなどに集合して
働いています。

あるギリシャのホテルのロビーで、バークンさんのチーム
4人が仕事をしている様子は次のように描写されています。

  「私ひとりが残りのチームメイトよりひとまわり年上だけれども、
  見た目はみな20代のなかばから終わりのほうだった。
  誰が見ても、旅行中のだらしない若者たちが、
  アテネの輝かしい観光名所をめぐろうともせず、
  あえてホラー映画さながらの不快なホテルにとどまって
  パソコンや電子機器で遊んでいると思っただろう。」

バークンさんがリモートオフィスで働き始め
初期の頃に驚いたことの1つは、社員の管理法でした。

それは、ジョージ・オーウェルさんの「一九八四年」に
出てくるビッグブラザーさながらの監視体制が
あったということです。

私が個人的に意外に思ったのが、リモートオフィス体制では、
メールがほとんど使われていないということです。

オートマティック社の社内コミュニケーションの割合は、
次の通りです。

  ブログ(P2)75%、IRC14%、スカイプ5%、電子メール1%

ブログでのコミュニケーションが圧倒的に多いのは、
さすがワードプレスを作っている会社というところでしょうか。

バークンさんはメールには、次のような欠点があると、
指摘しています。

  ・メールは送信者に主導権を与える
  ・メールは閉じたチャンネルである
  ・メールは時間とともに消滅する

この本から何を活かすか?

同じく「メールのない生活」の章には次のように書かれています。

  「かつて “もっと時間があれば、もっと短い手紙を書く”
  と言ったパスカルが現代の状況に立ち向かったとしたら、
   “もっと受信メールを注意深く読んだら、
  私の送るメールに来る返事はもっと少なくなる” と言うだろう」

メールに依存している、現在のビジネススタイルは、
見直すべき必要があるのではと考えさせられます。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| ビジネス一般・ストーリー | 09:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/2370-5d7f3407

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT