活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

私たちは今でも進化しているのか?

私たちは今でも進化しているのか?私たちは今でも進化しているのか?
(2015/01/26)
マーリーン ズック、垂水 雄二 他

商品詳細を見る

満足度★★★
付箋数:24

「進化」の意味をデジタル大辞泉で引いてみると、
「生物が、周囲の条件やそれ自身の内部の発達によって、
長い間にしだいに変化し、種や属の段階を超えて
新しい生物を生じるなどすること。」と書かれています。

私たちも、比喩として使う「進化」は別にして、
生物学における進化、つまり遺伝子レベルの性質の変化は、
長大な年月をかけて起こるものという認識があります。

しかし、本書の著者、マーリーン・ズックさんが、
ハワイ島で発見した新種のコオロギは、わずか5年の間に、
生物学的な進化をとげたものでした。

通常、コオロギのオスはメスを呼ぶ求愛行動として、
翅の発音器をこすり合わせて鳴きます。

オスは鳴いて、メスを引き寄せないことには、
子孫を残せないのです。

しかし、ズックさんらのグループが発見したのは、
鳴かないコオロギでした。

実はハワイ島には、コオロギの天敵のハエがいて、
このハエに見つからずに生きていくために、
コオロギは鳴かない種へと進化したのです。

それは、ほんの5年、20世代未満で起こった進化でした。

  「これを人間に当てはめてみると、グーテンベルク聖書の
  発行(1455年)から『種の起源』の出版(1859年)までの間に、
  人間がいつのまにか話せなくなったようなものだ。」

つまり、進化は途方もない時間がかかるという認識は
誤りということです。

本書は、進化についての私たちの常識を覆す本です。

  序文 速い進化と遅い進化
  第1章 マンションに住む原始人
  第2章 農業は呪いか、祝福か
  第3章 私たちの眼前で生じる進化
  第4章 ミルクは人類にとって害毒か
  第5章 原始人の食卓
  第6章 石器時代式エクササイズ
  第7章 石器時代の愛とセックス
  第8章 家族はいつできたのか
  第9章 病気と健康の進化論
  第10章 私たちは今でも進化しているのか

本書の原題は「Paleofantasy: What Evolution Really Tells Us
about Sex, Diet, and How We Live
」です。

直訳すると、「原始時代への幻想:セックスやダイエット、
そして生き方について進化が本当に伝えること」となります。

なぜ、こんな原題なのかというと、欧米で有名な
「パレオダイエット」を批判する本でもあるからです。

パレオダイエットとは、糖質制限ダイエットの源流で、
原始時代の食生活を真似るダイエット法です。

人類が農耕や牧畜を始める前にの狩猟採集生活によって
口にした肉や魚、木の実を中心とした食生活をします。

もともと狩猟採集生活によって形成された私たちの体が、
それを無視した現代の食生活によって、病気などの
様々な弊害が起こっている。

だから、健康を取り戻すために原始時代の
食生活に戻りましょう、というのがパレオ派の主張です。

ズックさんは、このパレオ式ライフスタイルを、
生物の進化の視点から、真っ向否定します。

確かに、このパレオ式の根拠は疑わしいかもしれませんが、
あまり批判が多いと、良質なサイエンス本の品格が、
ちょっと下がる印象を受けますね。

この本から何を活かすか?

  最速の進化をとげたチベット人

ヒトは一気に高い山に登ると酸欠状態になり、
血中酸素濃度が低下して、いわゆる高山病になります。

しかし、チベット人は高山病にならないといいます。

それは高地に住むための独特な遺伝適応があったから。

この進化はこの数千年以内に起こったもので、
人類では最速の進化のようです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 科学・生活 | 07:11 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2015/02/28 14:35 | |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/2353-1a174393

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT