活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

本棚にもルールがある

本棚にもルールがある---ズバ抜けて頭がいい人はなぜ本棚にこだわるのか本棚にもルールがある---ズバ抜けて頭がいい人はなぜ本棚にこだわるのか
(2014/12/05)
成毛眞

商品詳細を見る

kindle版 本棚にもルールがある

満足度★★★
付箋数:22

  「長年、読書を人生最大の楽しみとしてきた私にとって、
  読んだ本をどうするかは頭を悩ませ続けた問題だった。
  取っておくのか、捨てるのか、売るのか。取っておくなら
  どんな形で取っておくのか。本棚に並べるのか、箱に収めるのか、
  それともいっそ、私設図書館でも開設するのか。」

本、1冊1冊は、それほどスペースを取らなくても、
次から次へと新しい本が増えてしまうのが、
読書家に共通する悩みです。

いっそ、本はすべて図書館から借りて読むと割り切るのも
一つの方法です。

お金もかからないし、本の置き場にも困らない。

しかし、すぐに新しい本が読みたくなったり、どうしても手元に
置いておきたい本や、書き込みをしたい本も出てきますから、
すべてを買わずに済ませることは難しい。

やはり、いつかは「本の置き場所」問題に直面します。

本書は、『面白い本 』などを紹介することで知られる
成毛眞さんが出した「本棚のルール」の結論。

こういった、読書家の人が掲げる理想の本棚だと、
壁一面が備え付けの本棚だったり、
何千冊も所蔵できる書庫があったりする場合があります。

そこまで理想的過ぎると、いくらそうしたくても、
スペースの問題や、かけられるお金がないなどの理由で、
簡単にマネすることができません。

しかし、成毛さんが挙げる「本棚のルール」はかなり現実的。

本棚がない人は、やはり買った方がいいですが、
何十万円もするような高価な本棚や、設置工事が必要な
本棚は必要ありません。

推奨されていた本棚は2つあり、
IKEAの「KALLAX シェルフユニット バーチ調」が1万円前後、
無印良品の「スタッキングシェルフセット・5段×2列
でも3万円台前半の価格です。

「ルール」が中心なので、今家にある本棚でも代用できますし、
お金を掛けたくなければ、カラーボックスを2個並べてもいい。

ただし、成毛さんは「本棚は未来のなりたい自分」を表し、
「他人に見せるほど自分の知的レベルが上がる」とも
言っていますから、多少見栄えを良くするために、
少しは投資をした方がいいと思います。

さて、本書では社会人は次の「3つの本棚」を持つように
推奨されています。

  1. 新鮮な本棚
   これは書店の平台のイメージで、棚である必要はありません。
   買ったばかりの本をサイズごとに重ねて置くスペース。

  2. メインの本棚
   8つのセルで、サイエンス・歴史・経済などのジャンルごとに
   分類して保管。余ったセルには下段に「重い本」と
   「これから処分する本」、上段に「特別展示」の場所を確保。

  3. タワーの本棚
   辞書や辞典、年表、地図など仕事をする際に参照すべき資料を
   作業場所から手が伸ばせる範囲内に置く。

この本から何を活かすか?

いくら本棚を用意しても、そこに収納できる本の数は限られています。
そこで、「メインの本棚に入れる基準」を決める必要があります。

成毛さんは、次の3つを基準にしています。

  1. 面白いかどうか
  2. 新しいかどうか
  3. 情報量が多いかどうか

更に、「見やすい・2割の余白がある・勝負本のみを並べる
・多様性はもたせつつ違和感を排除・いつも変化している」の
状態に本棚を保つ。

この中では、「2割のスペースを空けておく」ことが
個人的には、けっこう大事だと思います。

また、本書には言及されていませんが、家族に読書家が
2人以上いる場合は、「本棚の共用問題」も悩みの種ですね。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 読書法・速読術 | 06:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/2302-91a8fa40

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT