活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

プレデターシンキング/略奪思考

プレデターシンキング/略奪思考 欲しいものはすべて「誰かのもの」プレデターシンキング/略奪思考 欲しいものはすべて「誰かのもの」
(2014/11/20)
デイブ・トロット

商品詳細を見る

kindle版 プレデターシンキング/略奪思考 欲しいものはすべて「誰かのもの」

満足度★★★
付箋数:20

  「人生は戦争と同じくゼロサムゲームだ。
  何かが欲しいなら、誰かからそれを奪わなければならない。
  誰かが勝つには、誰かが負けなければならない。
  逃げ場はなく、傍観者になる余地もない。
  誰もがどちらかを選ばなければならない。
  食うものになるか、食われるものになるか。
  選ばなければ、誰かに運命を決められる。」

これが、本書の「プレデターシンキング(略奪思考)」です。

プレデターとは、略奪者、捕食者のこと。

この言葉を聞くと、ジョン・マクティアナンさん監督の
SFアクション映画『プレデター』を思い出します。

1987年に制作された、アーノルド・シュワルツェネッガーさん
主演の映画でした。

しかし、本書はその映画とはまったく関係なく、
肉食系のエイリアンは登場しません。

欲しいものは、誰かから奪わなければ手に入らないと、
説くものの、メインは「クリエイティビティ」についての本です。

著者のデイブ・トロットさんは、広告業界で輝かしいキャリアを
持つクリエイター。

本書の特徴は、ノウハウを一切語っていないことです。

箇条書きにされたルールはなく、エピソードで創造性を刺激します。

  「 “8つの真実”  “12の法則”  “10の理念” ・・・・
  読んだとたんに忘れるルールばかり。
  そんなものはおもしろくない、クリエイティブでない、
  思考ではない。(中略) 自分なりに得た教訓は、
  丸暗記したルールよりずっと強力だ。それは消えることなく残る。
  だからこの本には、ルールではなくエピソードが登場する。
  私に影響を与え、私に “プレデターシンキング” を
  教えてくれた数々のエピソード。
  できる限り幅広い分野から集めた具体的な実例。
  これなら、原則を学び、自分なりに応用することができる。
  ・・・・もしかしたら私にも予想外のやり方で。」

本書には、「そんなアイディアもあるのか!」と感心する、
63の事例が紹介されているので、読むと思考幅が広がります。

この本から何を活かすか?

本書のトロットさんが、レーシック手術をした時の
エピソードを紹介します。

トロットさんが手術を受けたのは、レーシックが登場して
間もない頃で、周りに体験者はいませんでした。

心配していた手術は意外に簡単に終了。

局部麻酔なので、すぐに仕事に戻れると聞いていたので、
トロットさんは、手術後、そのままタクシーで出社しました。

しかし、出社してデスクの前に座って書類を読もうとしましたが、
焦点を合わせることができず、文章が歪んで見えました。

いくつかの文字は目に迫るようで、
別の文字はすごく遠く感じて、めまいがしました。

別の書類を取り上げてみても、文字の歪み具合がひどすぎて、
船酔いしているかのように思えました。

時計を見ると、文字盤の数字が波打っているように感じ、
吐き気をもよおしてきました。

トロットさんのレーシック手術は、失敗したのでしょうか?

その日は仕事をあきらめて、まっすぐ家に帰り、
ベッドにもぐり込みました。

翌日、目が覚めると気分が良かったので、
着替えて会社へ向かいます。

出社して書類を見てみると、何の問題もなく、
文字はちょうどいい大きさで見え、
揺らいで見えることもありませんでした。

ほっとしたトロットさんが、オフィスの中を見回すと、
ゴミ箱が丸めた紙でいっぱいになっていることに気づきます。

いくつか拾い上げて見ると、また文字が歪んで見えました。

奇妙に思ったトロットさんが秘書を呼んで聞いてみると、
彼女は笑ってこう答えました。

  「ゴードンがコピー機を使って書類を細工したんです。
  手術から戻ったときに、何もかも歪んで見えるようしようって。
  時計の文字盤にまで手を加えたんですよ。
  ちょっとたちが悪いんじゃないかと言ったんですけど、
  絶対におもしろがってもらえるって」

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 問題解決・ロジカルシンキング・思考法 | 06:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/2292-877c62d3

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT