活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

How Google Works (ハウ・グーグル・ワークス)

How Google Works (ハウ・グーグル・ワークス)  ―私たちの働き方とマネジメントHow Google Works (ハウ・グーグル・ワークス) ―私たちの働き方とマネジメント
(2014/10/09)
エリック・シュミット、ジョナサン・ローゼンバーグ 他

商品詳細を見る

kindle版 How Google Works

満足度★★★★
付箋数:25

グーグルは、世界中から優秀な人材を集めていることで
知られている会社です。

グーグルが集めているのは「スマート・クリエイティブ」と
呼ばれる人材です。

では、スマート・クリエイティブとは、
具体的にどんな人材なのでしょうか?

  「スマート・クリエイティブは、自分の “商売道具” を
  使いこなすための高度な専門知識を持っており、経験値も高い。
  私たちの業界ではコンピュータ科学者か、少なくとも日々
  コンピュータの画面上で起きている魔法の背後にあるシステムの
  理論や構造を理解している人材ということになる。
  だが他の業界では、医師、デザイナー、科学者、映画監督、
  エンジニア、シェフ、数学者などがスマート・クリエイティブに
  なるかもしれない。実行力に優れ、単にコンセプトを
  考えるだけでなく、プロトタイプをつくる人間だ。」

グーグルでは、最高のスマート・クリエイティブを獲得するために、
手間とお金をかけて、採用プロセスを整えています。

それがグーグルの成長の原動力。

それでは、最終的に、最高のスマート・クリエイティブは、
どのようにグーグルに報いてくれるのでしょうか?

  「そう、退社するのである! これは動かしようのない事実だ。
  よくよく頭に入れておこう。最高の人材を採用しても、
  その一部はもっと良い場所があることに気づく。
  ただ、これは必ずしも悪いことではない。
  むしろ健全でイノベーティブなチームには避けられない副産物の
  ようなものだ。それでも彼らを引き止めるために全力で戦おう。」

確かに、ずば抜けてデキる人材は自ら起業を考えている場合も
ありますし、他社からもっと魅力的なオファーをもらっている
場合もあります。

グーグルの場合は、良い人材に残ってもらうために
できる限り手は尽くすものの、それはイノベーティブのめに必要な
新陳代謝と考えているようです。

本書は、グーグル現会長で前CEOのエリック・シュミットさんと、
前シニア・バイスプレジデントのジョナサン・ローゼンバーグさんが
グーグルが驚異的なスピードで成長した裏側を語ったもの。

2014年9月に刊行された原書『How Google Works』の邦訳本です。

グーグルと言えば、創業者はサーゲイ・ブリンさんとラリー・ペイジさん。

しかし、創業者ではなく、豊富な経験を持って途中からグーグルに
移ってきたシュミットさんと、ローゼンバーグさんだからこそ、
グーグルのマネジメントの異端さが、より鮮明に伝えられるのです。

  「本書は成功・成長している企業やベンチャーの発達過程を
  たどるような構成になっている。この発達過程は、雪玉が坂道を
  転がっていくうちに勢いがつき、どんどん大きくなっていくような、
  永続的な好循環に発展できるものだ。一連のステップは、
  スマート・クリエイティブを惹きつけ、意欲を高めるために企業が
  実践可能なものだ。その一つひとつが企業を次のステップへと
  押し上げていく。各ステップは相互に依存し、
  お互いの上に成り立っている。またどのステップも
  決して終わることのない、ダイナミックなものだ。」

本書には、シュミットさんとローゼンバーグさんが、
グーグルで学んだ教訓が示されています。

それは、私たちが知りたかったグーグルのインサイトであり、
企業が躍動的に成長を続けるための秘訣でもあります。

この本から何を活かすか?

  「70対20対10のルール」

グーグルでは、リソースの配分を、70%はコアビジネスである
検索と検索連動広告へ、20%を成長の兆しが見える
成長プロダクトへ、残り10%を失敗のリスクは高いが、
成功すれば大きなリターンが見込まれる新しい取り組みへ
振り分けているようです。

この70対20対10のルールが成長のための黄金比率。

個人が成長するための時間配分や、投資のポートフォリオを
組む際にも、70対20対10のルールは応用できそうです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 経営・戦略 | 07:24 | comments:0 | trackbacks:2 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/2253-bd008d1d

TRACKBACK

一般性はどこまであるのか?:How Google Works (ハウ・グーグル・ワークス) ―私たちの働き方とマネジメント

How Google Works (ハウ・グーグル・ワークス) ―私たちの働き方とマネジメント作者: エリック・シュミット出版社/メーカー: 日本経済新聞出版社発売日: 2014/10/09メディア: 単行本 グーグルの幹部が働き方について書いた一冊。 本書では、従来のピラミッド型の組織を否定し、すべての従業員がプロフェッショナルとして責任と自主性を持って働くやり方のほうが成果が上がる...

| 本読みの記録 | 2015/04/19 22:57 |

How Google Works 著者 エリック・シュミット、ジョナサン・ローゼンバーグ

マーチン先生の恋愛教室PREMIUM How Google Works 著者 エリック・シュミット、ジョナサン・ローゼンバーグ 【ビジネス書大賞2015、準大賞受賞作!】 グーグルは、この方法で成功した! グーグル会長がビジネスの真髄を初公開! 序文はグーグルCEO兼共同創業者のラリー・ペイジが執筆。 ■グーグル現会長で前CEOのエリ...

| 読書と足跡 | 2017/10/28 07:40 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT