活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

思考のチカラをつくる本

思考のチカラをつくる本: 判断力・先見力・知的生産力の高め方から、思考の整理、アイデアのつくり方まで (単行本)思考のチカラをつくる本: 判断力・先見力・知的生産力の高め方から、思考の整理、アイデアのつくり方まで (単行本)
(2014/10/10)
白取 春彦

商品詳細を見る

満足度★★★
付箋数:22

ソクラテスさんの例で説明されることが多い「演繹法」。

しかし、演繹法によって推論する場合、
注意しなければならない点が2つあると、
本書の著者・白取春彦さんは指摘します。

まず、1つ目の例。

  大前提 : すべての市民は税金を支払っている
  小前提 : ソクラテスの赤ん坊は市民である
  結論 : よって、ソクラテスの赤ん坊は税金を支払っている

論理は正しくつながっていますが、
この結論が誤りであるのは明らかです。

一体、何が間違っているのでしょうか?

この例では、「大前提」が間違っています。

つまり、演繹法は大前提が誤っていれば、結論も誤ってしまうのです。

では、2つ目の例です。

  大前提 : すべての人間は呼吸している
  小前提 : ソクラテスは呼吸している
  結論 : よって、ソクラテスは人間である

こちらは、先ほどの例より間違っているのが気づきにくい
誤った演繹法の例です。

結論が正しいので、誤った演繹法だとわかりにくのです。

しかも、大前提も小前提も正しく、全体としても
いかにも正しそうに見えます。

確かに、すべての人間は呼吸していますが、
人間だけが呼吸しているわけではありません。

猫も犬もイルカも呼吸しています。

しかし、猫も犬もイルカも人間だとは断定できません。

こちらは、大概念・中概念・小概念の3つが入れ子構造に
なっていない誤りです。

概念をボウルで表すと、正しい演繹法では、
大きなボウルのなかに中くらいのボウルが入り、
更にその中くらいのボウルのなかに、小さなボウルが入ります。

しかし、この例では、大きなボウルのなかに、
中くらいのボウルと小さなボウルが並んで入っていて、
完全な入れ子構造にはなっていないのです。

ここでは、大概念は「呼吸している」、中概念は「人間である」、
小概念は「ソクラテス」です。

中概念と小概念の関係性が、前提で示されていないのです。

もともと、演繹法は、前提と同じことしか言えません。

  大前提 : すべての人間は必ず死ぬ
  小前提 : ソクラテスは人間である
  結論 : よって、ソクラテスは必ず死ぬ

大前提の時点で、既にソクラテスが必ず死ぬことが、
言外に述べられているのです。

それでは、なぜ、前提と同じことしか結論で言えない演繹法が
必要なのでしょうか?

なぜなら、演繹法を使ってしか、正しい前提から、
正しい結論を導き出せないからです。

そして、前提と同じことが結論であっても、
それが未知のものであるかもしれないからです。

つまり、演繹法は未知のものを発見する思考法として、
必要なのです。

ここでは本書の演繹法の説明を紹介しましたが、
これは本書の思考のチカラをつくる技術の一例です。

本書では、生きるチカラにつながる様々な思考法が
紹介されています。

この本から何を活かすか?

  「考えるためには、あらかじめ練習が必要だ。
  その練習とは何か。本を読むことだ。
  読書を、一種受け身の作業だと思わないでほしい。
  読むことは同時に、考えることでもあるのだ。」

つまり、「本を読むとアタマがよくなる」のは
本当だということなんですね。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 問題解決・ロジカルシンキング・思考法 | 06:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/2252-1a2b496c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT