活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

ハリウッドと日本をつなぐ

ハリウッドと日本をつなぐハリウッドと日本をつなぐ
(2014/09/22)
奈良橋 陽子

商品詳細を見る

満足度★★★
付箋数:17

日本人の俳優がハリウッド映画に出演するためには、
どうしたらいいのでしょうか?

それは、ある女性の前でオーディションをして認められる
必要があります。

その女性とは、日本人でただ一人、全米キャスティング協会の
メンバーである奈良橋陽子さんです。

  「彼女がいなければ、『ラストサムライ』も
  その後の僕もなかった!」

俳優の渡辺謙さんはこのように、奈良橋さんについて語ります。

奈良橋さんの肩書は、いくつもありますが、
メインの仕事はキャスティング・ディレクターです。

キャスティング・ディレクターとは、プロデューサーや
映画監督に映画やドラマに出演する俳優を推薦したり、
ギャラの交渉・スケジュールを押さえたりするなどして、
キャスティング作業を助ける仕事です。

俳優を推薦するといっても、単にテレビで見かけた人を紹介したり、
個人的な趣味で決めるわけではなく、その俳優が役に合っているか
どうかを深く探り、演技力や可能性、持ち味や性格も含めて、
トータルに最適な人材を探すのです。

奈良橋さんが、キャスティングの仕事をするようになったのは、
1987年製作、スティーブン・スピルバーグ監督の
『太陽の帝国』から。

その後『ヒマラヤ杉に降る雪』、『ラストサムライ』、『SAYURI』、
『バベル』、『47RONIN』、『SAMURAI』、『終戦のエンペラー』、
などでも日本人俳優のキャスティングを担当しました。

奈良橋さんが実際にキャスティングしたのは、
渡辺謙さん、真田広之さん、菊地凛子さん、桃井かおりさん、
片岡孝太郎さん、初音映莉子さんなど数十名に及びます。

日本で有名な俳優さんもいれば、ほとんど知られていない
俳優さんもいますね。

最近では、NHK朝の連続テレビ小説『マッサン』のヒロイン、
亀山エリー役のシャーロット・ケイト・フォックスさんを
発掘して日本に連れてきたのも奈良橋さんです。

本書はそんな奈良橋さんのハリウッドと日本をつなぐ仕事の
裏舞台を綴った本です。

私が本書を手にとったのは、「奈良橋陽子さんの名前って、
もっと昔から聞いたことあるけど、どこでだっけ・・・」
という記憶の引っ掛かりがあったから。

本書を読んで思い出しました。

奈良橋さんはタケカワユキヒデさんの「ゴダイゴ」の
プロデュースを行い、数々の曲の作詞を手がけていました。

私が奈良橋さんの名前を見かけたのは、「銀河鉄道999」などの
作詞のクレジットだったんですね。懐かしい・・・。

  「The Galaxy Express 999
  Will take you on a journey
  A never ending journey
  A journey to the stars」

本書は、幼少期のエピソードから、作詞家・演出家になった経緯、
英語学校や俳優養成所を立ち上げたことなど、奈良橋さんの
半生記として語られています。

この本から何を活かすか?

私は奈良橋さんの仕事で特に関心を寄せたのが、
2012年公開の映画『終戦のエンペラー』についてです。

この作品はキャスティング・ディレクターに留まらず、
企画・製作が奈良橋さんによるものです。

第二次世界大戦終戦直後、連合国軍占領下の日本で、
天皇の戦争責任を極秘調査したボナー・フェラーズさんが
「天皇を裁判にけけるべきではない」とマッカーサー最高司令に
進言したという史実に、フィクションを交えながら描いた作品。

主演は『LOST』のジャック役で知られるマシュー・フォックスさんと、
BOSSのCMでお馴染みのトミー・リー・ジョーンズさん。

DVDを借りて、見てみようと思います。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 人生論・生き方・人物・哲学 | 06:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/2244-3ac22a1d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT