活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

マッキンゼーのエリートが大切にしている39の仕事の習慣

マッキンゼーのエリートが大切にしている39の仕事の習慣マッキンゼーのエリートが大切にしている39の仕事の習慣
(2014/07/26)
大嶋祥誉

商品詳細を見る

満足度★★★
付箋数:18

仕事で「クオリティー」と「スピード」を追求するために、
身につけておきたい基本的な習慣をまとめた本。

著者の大嶋祥誉さんは、マッキンゼーOGで、過去に
  『マッキンゼー流 入社1年目問題解決の教科書
  『マッキンゼー流 入社1年目ロジカルシンキングの教科書
などを執筆している方です。

現在は独立して、エグゼクティブ・コーチ、組織開発、
人材育成のコンサルタントとして活動しています。

本書では、マッキンゼーの優秀なコンサルタントたちが、
日常的に大切にしている、シンプルな39の習慣を紹介。

第1章では、問題解決のための習慣で、
「バリューにこだわる」というテーマで、
コンサルタント的な習慣やノウハウが紹介されていました。

  習慣3. 「クリティカルシンキング」を身につける
  習慣4. 「雨」が降る前に、「傘」を準備する
  習慣6. イシューからはじめる
  習慣9. 「緊急度」と「重要度」のマトリックスをつくる

習慣4.は「空・雨・傘」というマッキンゼーの有名なフレームワーク。

  空 : 空に黒い雲が広がっている→事実・現在の状況
  雨 : いまにも雨が降りそうだ→解釈・具体的な意味
  傘 : 傘を持って出かけよう→行動・実際の解決策

事実を確認し、それに解釈を加え、行動に移す
3段階のフレームワークです。

この章では、これらのサワリをさらっと紹介しているので、
マッキンゼーっぽい雰囲気を感じることができます。

第2章や第3章では、一般のビジネスパーソンでも必要な、
入社1・2年目で身につけておくべき習慣が多く紹介されていました。

  習慣15. 上司の机を観察する
  習慣16. メールの件名に【◯◯】と書く
  習慣17. 途中途中で上司に確認を入れる
  習慣20. いつでも机をきれいに保つ
  習慣21. CCとBCCを戦略的に使いこなす

この辺は、マッキンゼーだからということはなく、
一般的なビジネスのルールや習慣といった感じです。

第5章では、上司のための習慣も紹介されていました。

  習慣27. 部下に「◯◯さん」と呼ばせる
  習慣29. 部下に迷いを打ち明け、相談する
  習慣34. 会議中にあえて「ムダ話」をする

もちろん「マッキンゼーのできる上司たちはこうだった」と
大嶋さんの昔の上司の例を出して解説いていますが、
この章で紹介されていた習慣も、特に、マッキンゼーだから
というものではありません。

だんだん後半に行くに従って、マッキンゼー色は薄くなって
いきますが、随所にマッキンゼーテイストを入れようと
頑張っている感じが伝わってきます。

大嶋さん自身が、仕事で大切なことはマッキンゼーで
身につけたという思いがあります。

そして何より本書のタイトルにマッキンゼーと
入れている以上、そこから離れるわけにはいかないのでしょう。

この本から何を活かすか?

  取引先と話をするときは「3つの視点」を行き来する

次の3つの視点を適宜切り替えて、いま自分はどの視点で
話を聞いているのか自覚するといいそうです。

例えば、「白いコップが売れない。どうすればいいのか?」
という話を聞く場合。

  自分の視点:白なんて売れない。ピンクのほうがかわいいし、
        売れるだろう
  
  相手の視点:白いコップを効果的に宣伝する方法は何だろう?

  俯瞰的視点:そもそもコップの市場が縮小する前に、
        コップ事業を売却すべきでは?

相手と同じ土俵に立つのではなく、別の視点で考えることで、
根本的な問題解決ができる場合もあるようです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 仕事術・スキルアップ・キャリア | 06:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/2215-c5aea09f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT