活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

スルーされない技術

スルーされない技術スルーされない技術
(2014/07/09)
石田 章洋

商品詳細を見る

満足度★★★★
付箋数:24

あなたの言動は、「スルー」されていませんか?

会議での発言や、一生懸命に準備したプレゼンテーション。
プライベートでの友人との話しやメールにLINE。

なんで、リアクションがないんだろう。
なんで、返信がないんだろう。

そんな不安を感じたことはありませんか?

  「スルーされる理由の90%までは、伝え方に問題があります。
  スルーされてしまうのは、嫌われているわけでも、
  伝えようとする情報がつまらないわけでもありません。
  ほとんどの場合、ただ、伝え方が悪いのです。

  では、どうすれば、スルーされることなく、いいたいこと、
  伝えたい思いを相手に伝えることができるのでしょうか。

  それが、この本のテーマ。本書では “スルーされない伝え方”
  について、わかりやすく、すぐに役立つように書いていきます。」

本書の著者、石田章洋さんは、この道30年の放送作家。

放送作家は、確実にスルーされない台本を書かなければ、
「アイツは数字を持っていない」と言われ、
次から声がかからなくなります。

放送作家に求められるのは、次の3つの能力(原則)です。

  1. 相手の心を一瞬でつかむ
  2. つかんだら離さない
  3. 次回も観たいと思わせる

このスルーされない3つの原則を、ビジネスや日常生活でも
使えるように解説したのが本書です。

例えば、スルーされる人がついやってしまうのは、
説明不足だと思って、いろいろな話を盛り込んでしまうこと。

一度にたくさんのことを伝えると、聞いている方は、
「それで、何が言いたいの?」と突っ込みたくなりますが、
それも面倒くさくなって、結局、スルーしてしまうのです。

「スルーされる人」は、1センテンスにたくさんのことを
盛り込んでしまう。

一方、「スルーされない人」は、何を伝えたいか、
1つに絞り込んで話している。

本書は第1章で、このような「スルーされる人」と、
「スルーされない人」の違いを見ていきます。

そして、第2章で「つかみ」のつくり方、
第3章で「つかんだら離さない話のテクニック」、
第4章で「また会いたいと思わせる話の締めくくり方」、
最後の第5章では「伝える目的ごとの型」を解説します。

実例やエピソードは、さすがに放送作家だけあって、
芸能人ネタが多く紹介されています。

それを読んで面白いエピソードで終わらせず、
その技術を抽象化して、ビジネスで活用するには、
どうすべきかまで、突っ込んで解説しているのが良いところです。

  「この本は、あなたの人生を変える本です。

  すみません。言い過ぎました。
  でも、あなたの人生をより良くする本であることは
  間違いありません!

   “スルーされない技術” を身につけることで、
   “あっ、自分って世の中に必要とされているな”
  という気持ちがわいてきます。
  すると、自分に自信がもてるようになるのです!」

この本から何を活かすか?

  使える(かもしれない) “例え” 集

本書では、「わかりやすく例えて引き寄せる」天才として、
くりぃむしちゅーの上田晋也さんが紹介されていました。

そんな上田さんのツッコミのような、本書の「例え集」の中から、
いくつか紹介します。

  ・空回りしている人に → 「雪の日のノーマルタイヤか」
  ・イエスばかりのイエスマンに → 「高須クリニックか」
  ・スルーされたときに → 「聞き流すなよ、スピードラーニングか」
  ・信用できない話に
   → 「ツボ持って近づいてくる美人くらい信用できないよ」
  ・カタカナ語を連発する人に → 「ルー大柴か」

こんなツッコミが瞬時に出せるようになるといいですね。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 交渉術・伝える力・論理・人脈 | 10:32 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ご紹介ありがとうございます!

| 石田章洋 | 2014/08/21 19:38 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/2189-a5165204

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT