活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

「バタバタしない」技術

「バタバタしない」技術 (PHP文庫)「バタバタしない」技術 (PHP文庫)
(2014/07/03)
吉山 勇樹

商品詳細を見る

満足度★★★
付箋数:19

気がついたら、いつも「バタバタ」してしまう。

本書は、そんな人のために書き下ろされた文庫本。

著者の吉山勇樹さんは、残業削減や業務効率化、あるいは
業務改善についてコンサルティングを行うプロフェッショナル。

残業ゼロ! 仕事が3倍速くなるダンドリ仕事術』などの
ベストセラーを執筆している方です。

さて、まずは「バタバタ」している状態が、
どのような状態かをしっかり確認してみましょう。

いつもバタつく人は、一度立ち止まって、
状況確認する習慣が往々にしてないものです。

バタバタしている状態とは、簡単に言うと慌てている状態。

  朝、出勤する前の支度の最中にバタバタ
  仕事の締め切りギリギリになってバタバタ
  突発的なことを急にふられてバタバタ

こういった状況で、一生懸命やろうとしているものの
空回りしてしまい、気持ちだけがどんどん焦っていく。

バタバタする人は、仕事だけでなく、
プライベートでも、もっと言うと、人生そのものも、
慌てて空回りしているのかもしれません。

吉山さんは、バタバタする原因を次の3つに特定しています。

  ・事前準備不足
  ・時間管理不足
  ・リスクの想定不足

細かく見ると様々なシチュエーションがありますが、
突き詰めると、この3つの原因に集約されるのです。

まずは、この3つの内、自分がどの不足に陥りやすいかを
把握するのが、脱・バタバタの第一歩。

  「本書では第1章でバタバタする人の症状、
  第2章ではバタバタしないための心構え、
  第3章ではバタバタしないためのタスク管理、
  第4章ではバタバタしないためのコミュニケーション、
  第5章ではバタバタしないための仕組みと習慣、
  第6章ではそれでもバタついた時の応急処置、
  第7章ではバタつかない生き方をご紹介していきます。」

そう言えば、仕事でバタバタしている人を見ると、
どうしてその人が、慌てているのかわからないことがあります。

やるべきことがわかれば、手伝ってあげるのに・・・・。

そう思って見ている人もいるはずです。

この場合、完全にコミュニケーション不足に陥っています。

いま取り掛かっている仕事が、次の4つのどれに該当するか
確認して、協力してもらえる仕事は、協力を得て、
何でも自分で抱え込まないようにすることも大切です。

  1. 自分にできて、他人でもできる
  2. 自分にできて、他人にできない
  3. 自分はできず、他人ならできる
  4. 自分はできず、他人にもできない

もし、その仕事が4番目なら、いくら自分や自分の部署の中で
バタバタしても始まりません。

この場合は、外部の協力者を探すことから
始めなくてはならないのです。

焦った時こそ、一度冷静に立ち止まって、
本当に自分は何をすべきか、他人には何を依頼するかを
判断した上で、周囲とコミュニケーションを取った上で
仕事に取り組む必要があるのです。

この本から何を活かすか?

  「私が仕事も日常生活もバタバタしない、させないための
  工夫として10年以上実践していることがあります。
  それは段取りのための段取りを重視していることです。」

確かに、バタバタしているとときは、段取りさえままならない
状況ですから、段取りのための段取り、
計画を立てるための計画を立てておくのは良い方法ですね。

毎日の習慣として、この時間を確保しておくだけで、
仕事もプライベートも、グッと濃いものになりそうです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 仕事術・スキルアップ・キャリア | 06:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/2172-e5006bb5

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT