活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

インサイドボックス 究極の創造的思考法

インサイドボックス 究極の創造的思考法インサイドボックス 究極の創造的思考法
(2014/05/15)
ドリュー ボイド、ジェイコブ ゴールデンバーグ 他

商品詳細を見る

kindle版 インサイドボックス 究極の創造的思考法

満足度★★★
付箋数:23

イノベーションを起こすには、どのように発想すべきか?

ビジネスリーダー達は、常に、革新的なものを生み出そうと試み、
私たちも、創造的な仕事を求められています。

そして、固定観念やパターンを捨てて、枠の外
(アウトサイドボックス)で考えることで、
独創的なアイディアは生まれると思われています。

例えば、自分の製品やサービス、プロセスと直接関係しないものを
参考にして、一切の制約を設けずに発想する。

そのようなブレインストーミングが、良しとされてきました。

しかし、本書の著者、ドリュー・ボイドさんと
ジェイコブ・ゴールデンバーグさんは、これと正反対の考え方を示します。

  「イノベーションの数を増やし、その質とスピードを高めるためには、
  一定のヒナ型にのっとって、勝手知った世界の内側で ―
  つまり枠の外ではなく(枠の中:インサイドボックス)、
  すなわち制約の中で ― 考えるべきだと、私たちは思っている。」

つまり、創造性は一定のパターンから生まれ、
枠の外で考えるのではなく、枠の中で考えた方が、
素早くイノベーションを起こすことができるということ。

なぜなら、アウトサイドボックスで考えると、
あまりに多すぎるアイディアが無秩序を生み、
真に革新的な発想が出てくるのを妨げるから。

ヒナ型を用い、制約の中で考えぬくインサイトボックス思考こそが、
飛躍的な解決策を見つけ出すことができると述べられています。

実際にヒナ型による制約が、創造性を高める例は、
ビジネス以外でも見ることができます。

史上最も成功したミュージシャンで、音楽の世界に
イノベーションを起こしたビートルズ。

実は初期のころの作曲方法には、パターンがあり、
ヒナ型にのっとって、曲作りをしていたとポール・マッカトニーさんは、
あるインタビューで答えています。

また、ミステリーの女王、アガサ・クリスティさん。

彼女もまた、ヒナ型を用い、自分を枠にはめることで、
創造性を高め、多くの魅力的な推理小説を生み出しました。

それでは、実際にどのようにして、枠の中で考え、
イノベーションを起こすのか?

本書では、インサイトボックス思考をするのための
5つのテクニックを紹介します。

  1. 引き算
   従来、製品やサービスに欠かせないとみなされていた
   要素を取り除くことで、イノベーションを生む

  2. 分割
   既存の構成要素を分割し、一部を分割して用いることで、
   新たな創造的な製品を生む
  
  3. 掛け算
   製品やサービスの一部の要素をコピーして量産し、
   その際、それまで無意味と考えられていた変更を加える

  4. 一石二鳥
   1つの要素に、これまで無関係と考えられていた
   複数の機能をもたせることで、イノベーションを成し遂げる

  5. 関数
   互いに関係ないと思われていた複数の要素を連動させ、
   一方を変えると、それに合わせて他の要素も変わるようにする

私も、漠然と広範囲で考えるより、ある程度制約の中で考えた方が
アイディアが閃きやすいことを実感しているので、
本書の方法論は、理にかなっているように感じました。

この本から何を活かすか?

本書では、閉じた世界の中で積極的に「矛盾」を見出すことを
推奨しています。

  「矛盾に見えるものはほとんどの場合、実際には矛盾でない。
  矛盾はたいてい、人の頭の中だけに存在している。」

見せかけの矛盾は、取り除くことができ、
そこに創造的な解決策が隠されている場合があるようです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| アイディア・発想法・企画 | 06:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/2138-2e155511

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT