活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

宇宙に挑むJAXAの仕事術

宇宙に挑むJAXAの仕事術宇宙に挑むJAXAの仕事術
(2014/03/15)
宇宙航空研究開発機構

商品詳細を見る

満足度★★★
付箋数:22

1970年に打ち上げられたアポロ13号は、米国のアポロ計画で、
3度目に行なわれた有人月飛行ですが、致命的な爆発を起こしながら
奇跡の生還を成し遂げたことで知られています。

その様子はトム・ハンクスさん主演の映画『アポロ13
でも描かれています。

帰還を成功させた立役者の1人が、エド・ハリスさんが演じた
主席管制官(フライトディレクタ)のジーン・クランツさんでした。

クランツさんは自分の経験を元に10箇条の教訓を残していて、
それは宇宙航空研究開発機構(JAXA)職員にとっても
仕事の原点になっているそうです。

クランツさんの10箇条の教訓は以下の通りです。

  1. 先を見越して積極的に動く
  2. 自分の担当は自分で責任を持つ
  3. やるときは全力で。手を抜かない
  4. わからないことはその場で必ず確認する
  5. 考えられることはすべて試し、確認する
  6. 連絡も記録も、重要なことはすべて書く
  7. ミスは隠さない。それがチームメイトへの教訓になる
  8. システムを全部掌握する
  9. 次に来るものを常に意識する
  10. チームワークを尊重、信頼感を持つ

さて本書は、近年、世界にその高い実力が認められつつある
JAXAの仕事術をまとめた本です。

  「本書は、宇宙航空研究開発機構のメンバーたちが普段どのように
  仕事をしているのかを紹介した、おそらくはじめての本です。
  報道ではイプシロンロケットが無事打ち上がったことや、
  ちょうどいまなら若田宇宙飛行士が宇宙でどんな活動を
  行っているかなど、いわゆる “アウトプット” はよく耳に
  されると思いますが、その裏でJAXAのメンバーたちが
  どんな段取りで、どんな仕事術を駆使して
  成功させていっているのかについては、あまり知られていません。
  本書では、 “リスク要因を事前にあぶり出し、失敗を回避する仕事術”
   “業務目標達成と人材育成を両立させるためのマネージャの心得”
   “宇宙を動かす『和』の関係構築術” などJAXAの実例とともに
  様々な仕事術をご紹介しています。」

本書の「まえがき」を書いているのは、JAXA理事
有人宇宙ミッション本部長の長谷川義幸さん。

今は、宇宙飛行士ブームなので、当ブログでもこれまで
何冊かの宇宙飛行士関連本を紹介しています。

しかし、本書はライターの方が取材をして書いたものではなく、
JAXA自体か筆を執って、その仕事内容を紹介した貴重な本です。

本書の特徴は、宇宙飛行士と並んで、ミッション遂行時の
もう一つの花形であるフライトディレクタの仕事のついても
詳細に紹介されていること。

運用計画、システム運用、実験運用などの運用にかかわる
全責任を持つのがフライトディレクタで、運用管制員や
宇宙飛行士が作業を行うときに指揮を執る仕事です。

フライトディレクタの勤務体制から、日常業務までを紹介し、
業務遂行にあたり、求められるスキルなども書かれていますから
JAXAの仕事に興味がある方には、外せない一冊です。

もちろん、危機管理の優れたJAXAのノウハウは、
一般のビジネスパーソンの仕事術としても活用できます。

この本から何を活かすか?

ビジネスの現場では、ちょっとした説明不足や認識の違いで、
思いがけないトラブルが起こってしまうもの。

そんな時には、宇宙飛行士が実践する「言い直し確認法」が
役に立ちます。

  「宇宙開発の現場では、非常に緊張した状況のなかで
  未知の領域に挑むことになります。どんな優秀な人でも、
  思い込みによるミスはありえますので、JAXAでは、
  指示を受けたときには “それは○○ということですね”
  と自分の言葉で言い直し、認識のギャップを修正するよう
  指導しています。」

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 仕事術・スキルアップ・キャリア | 05:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/2101-8edd16bc

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT