活かす読書
ikadoku

ビジネス書・ベストセラー本・科学本を中心に13年以上、ひたすら本を紹介し続けるブログ。既に紹介した本は3700冊以上。

「人生成功」の統計学

2014年04月29日
成功哲学 0
「人生成功」の統計学〜自己啓発の名著50冊に共通する8つの成功法則「人生成功」の統計学〜自己啓発の名著50冊に共通する8つの成功法則
(2014/01/08)
晋一

商品詳細を見る

満足度★★★
付箋数:18

「ポジティブ・シンキング」を勧める自己啓発書は多いです。

本書の著者、晋一さんは、巷に溢れる自己啓発書に対し、
次のような疑問を持ちました。

  疑問1.
  自己啓発書の著者は、ポジティブ・シンキングで
  困難を乗り越え成功したかもしれないが、
  それが万人に通用する根拠はどこにあるのか?

  疑問2.
  仮にポジティブ・シンキングが万人に効果があるとして、
  具体的に何をすれば、前向きに考えられるようになるのか?
  前向きに考えると、どんなメリットがあるのか?
  前向きになるだけで、どんな困難も乗り越えられると
  言い切れる根拠は何か?

この疑問に対して、晋一さんはどんな説明がなされたら、
自分で納得できるかを考えたそうです。

  疑問1.に対して
  1冊の自己啓発書だけでなく、他の著名な自己啓発書でも、
  同じことが言われているなら、ポジティブ・シンキングは
  万人に通用する汎用性のある成功術だと考えられる。

  疑問2.に対して
  「こうすれば体得できる」という具体的な方法論、
  「こんな得がある」という便益・メリット、
  「心理学実験の結果」などの科学的・論理的な裏付が
  明示されていれば、信用することができる。

このように考えた晋一さんは、ポジティブ・シンキング以外でも
自己啓発書に書かれている「成功術」に対し、
ビジネスで行う手法を用い、2つの分析を行うことにしました。

1つは、定量分析。

世界の著名な自己啓発書の中で、共通して書かれている
「成功術」を抽出し、多い順にランキング化してみる。

ランキン上位であればあるほど、汎用性が高いということです。

もう1つは、定性分析。

ランキング上位8つの「成功術」にフォーカスし、具体的方法論、
便益・メリット、論理的根拠の3点を検討・検証する。

本書は、いわゆる「成功術のまとめ本」。
統計学の本ではありません。

世界的に有名な50冊の自己啓発書を選び、集計を行っています。

「成功術のまとめ本」の分野では水野俊哉さんが有名です。

水野さんが、名著の内容を短時間で知ることができるサマリーや
マトリックスで各自己啓発書のポジショニングを示したのに対し、
本書では「ランキング化」という切り口で成功術の真髄に迫ります。

学生時代に使った英単語の本に例えるなら、
「難易度順」ではなく、本書は「出る順」で編集された本と
いったところでしょうか。

アマゾンの商品説明では、成功術上位のランキングを
あえて伏せているようですので、ここでも紹介しません。

しかし、ランキング上位の成功術は、自己啓発書の
3冊に1冊には書かれている内容ですから、意外性はなく、
いずれも容易に想像がつくものばかりです。

この本から何を活かすか?

ちなみに、晋一さんが選んだ50冊の自己啓発書の中で、
ランキング1位の成功術が掲載されていたのは、
次の18冊です。

  ・『「原因」と「結果」の法則
  ・『人生に奇跡をもたらす7つの法則
  ・『理想の自分になれる法
  ・『ライフ・ヒーリング
  ・『自分を動かす
  ・『ライフストラテジー
  ・『眠りながら成功する
  ・『積極的考え方の力
  ・『7つの習慣
  ・『思考は現実化する
  ・『心構えが奇跡を生む
  ・『チーズはどこへ消えた?
  ・『最強のセルフプロデュース術
  ・『お金持ちになる科学
  ・『「原因」と「結果」の法則2
  ・『ザ・シークレット
  ・『お金持ちになれる1分間の魔法
  ・『クリエイティング・マネー

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.
関連記事

気に入ったらシェア!

ikadoku
この記事を書いた人: ikadoku
毎朝4時に起きて本を読み、13年以上ブログで紹介記事を投稿しています。北海道在住。たまに旅行で長期の休みを取ります。

コメント0件

コメントはまだありません