活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

不機嫌な職場

不機嫌な職場~なぜ社員同士で協力できないのか (講談社現代新書 1926)
不機嫌な職場~なぜ社員同士で協力できないのか (講談社現代新書 1926)
(2008/01/18)
河合 太介、高橋 克徳 他 商品詳細を見る

満足度★★

あなたの職場は、ギスギスした雰囲気がありますか?

本書は、一人ひとりが利己的・断絶的で、冷めた関係が蔓延していて、
それがストレスになる職場を「ギスギスした職場=不機嫌な職場」と呼び、
職場がそうした状況になってしまう原因を探り、
協力性・親和性が高い、血の通った組織に変革するための
解決策を提示した本です。

現状分析から解決策の提示まで、
本書では、次の3点からなるフレームワークを使って解説されています。

  ・役割構造(誰と協力すべきなのか?)
  ・評判情報(この人は、どんな人か?)
  ・インセンティブ(協力への動機づけは?)

そして、協力が成功している組織として、
グーグル、サイバーエージェント、ヨリタ歯科クリニック
の3例を挙げ、説明しています。

高橋克徳さん、河合太介さん、永田稔さん、渡部幹さんの
4人の共著になっているのことが原因のような気もしますが、
成功企業の説明以外は、妙に小難しく書かれている感じがするので、
良いことが書かれていても、
本書を読んで、職場を改善しようとするモチベーションは、
あまり上がらないかもしれません。

この本を読んで、ギスギスした職場を少しでもなくそうという
著者の熱い想いが伝わってこないのは、私だけでしょうか?

それなら、グーグル、サイバーエージェント、ヨリタ歯科クリニックの
3社の事例を知るための本と割り切って読んだ方が、
有効に本書を利用できそうです。

この本から何を活かすか?

ヨリタ歯科クリニックとは、東大阪市花園にある、
「患者が選ぶ病院ランキング近畿東海版」で
1位にランキングされる歯科医院だそうです。

この歯科医院でやっている取り組みは面白そうなので、
私が行く歯医者さんへも、嫌味にならないよう、
本書のことを伝えてあげようと思います。

そうすると、最終的に恩恵を受けるのは、
通院する患者である私自身になりますね。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.  
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 組織・社内教育・コーチング | 10:07 | comments:9 | trackbacks:4 | TOP↑

COMMENT

いつも楽しみにblog拝見してます。 ちなみにですが、★印は何個が最高得点なのでしょうか?

| alesi | 2008/03/26 00:08 | URL |

仕事の人間関係に関する悩みは

20代~30代の悩みの7割を占める
という統計情報もあるようです。

職場のギスギスした空気が無くなるだけでも
世の中がよくなる気がしますよね。

| 一馬力 | 2008/03/26 01:28 | URL | ≫ EDIT

alesiさん

いつも読んでいただいて、ありがとうございます。
★はオススメではありませんが、
基本的には1つ~5つで、読後の私の満足度を表しています。
たまに、例外もありますが。

一馬力さん

若い世代では7割が、人間関係の悩みなんですね。驚きです。
できれば、そういう職場の雰囲気に不満のある人には、
将来、それをバネに良い環境の会社を起業して欲しいものです。

| ikadoku | 2008/03/26 06:47 | URL |

いつも拝見しています。

ブログからヨリタ歯科クリニックを知り
こういう職場のあることを嬉しく思い、、
安心したというか、心強くなりました。


| 「ふーこ」 | 2008/04/19 08:26 | URL |

「ふーこ」さん

ヨリタ歯科クリニックについては、私もこの本や
ホームページでの情報しか知りませんが、
こんな歯医者さんが、あったらい行きたいなと思います。

歯医者さんに限らず、こういう病院が増えるといいですね。

| ikadoku | 2008/04/21 09:49 | URL |

『不機嫌な職場』をさらに具体的にしました

突然のコメントで申し訳ございません。
わたくし、Nanaブックスという出版社の編集部におります市川と申します。

『不機嫌な職場』に続く、より具体的な職場の改善方法を取り上げた本、
手塚利男『ギスギスした職場はなぜ変わらないのか』http://www.amazon.co.jp/dp/4901491873/
という書籍を、弊社より昨日刊行いたしました。
もしご興味があれば、ぜひご一読いただければと思います。
どうぞよろしくお願いします。

| Nanaブックス編集部 | 2009/03/16 19:21 | URL | ≫ EDIT

Nanaブックス編集部さん

新刊をご紹介頂きありがとうございます。
機会があれば、読んでみたいと思います。

| ikadoku | 2009/03/18 10:33 | URL |

はじめまして

事務職会社員の者です。
買ってみようか、迷っていた本でした。
いつもは、気になれば、すっと手にとって、レジに持っていくのに、そのまま平積みの中に戻しました。
著者の中の一人が同級生でした。
普通のサラリーマンをやったことがないのに、わかるのかなーなんていう思いと、知り合いの書いたものだから、応援の意をこめて買ってみるべきかと。
あなた様の書かれた記事の中にもあった通り、熱意が感じられないというのを読んで、ハッとしました。経験がないという弱点が学者には、あるのかも知れません。
そこに彼らが気づいているのかは別として。
わかりやすい文章で、ありがとうございました。
思わずコメントしてしまいました。

| PB4 | 2009/12/13 15:21 | URL |

PB4さん

PB4さん、コメントありがとうございます。

どんなことでもそうですが、
実際に現場に入ってみないと見えない事実もありますし、
外部から客観的に見た方が良いこともあります。

そのバランスが難しいところですね。

| ikadoku | 2009/12/21 06:25 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/204-ca0263b0

TRACKBACK

【病院ランキング】の口コミ情報を探しているなら

病院ランキング に関する口コミ情報を探していますか?最新の検索結果をまとめて、口コミや評判、ショッピング情報をお届けしています…

| 人気のキーワードからまとめてサーチ! | 2008/03/30 08:14 |

不機嫌な職場

新書。 日本の職場が変化している。その様子、改善策を提案している。 一章 かつて日本企業のサラリーマンは、 なんでもできるジェネラリストであった。 だが、今の職場では専門化が進み、個人の仕事が分断されている。 結果、社員は孤立しがちで、 他人の苦労やトラブ..

| これであなたも読書通!話題の本をほぼ日刊でご紹介 | 2008/04/17 09:42 |

不機嫌な職場

不機嫌な職場~なぜ社員同士で協力できないのか (講談社現代新書 1926)(2008/01/18)河合 太介高橋 克徳商品詳細を見る もっといい職場のコミュニケ...

| hobo-sickboy- | 2008/06/09 06:51 |

不機嫌な職場~なぜ社員同士で協力できないのか 河合太介

◆本日の『人生を変える一冊!』(No.158/210) 不機嫌な職場~なぜ社員同士で協力できないのか (講談社現代新書)おすすめ平均 自分の立場でも出来ることはあると思わせる一冊感情の共有今の日本企業に必要な一冊ギスギスした職場はみんな嫌分析とある視点上の参考としては

| ビジネス本でバージョンアップ2.0! | 2010/06/15 04:50 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT