活かす読書
ikadoku

ビジネス書・ベストセラー本・科学本を中心に13年以上、ひたすら本を紹介し続けるブログ。既に紹介した本は3700冊以上。

非属の才能

2008年03月24日
社会・国家・国際情勢 0
非属の才能 (光文社新書 328)
非属の才能 (光文社新書 328)
(2007/12/13)
山田 玲司 商品詳細を見る

満足度★★★

著者で漫画家の山田玲司さんは、
対談漫画「絶望に効くクスリ」を描くために、
数多くの各界のトップランナーにインタビューするうちに、

  「才能は“どこにも属せない感覚”のなかにこそある」

ということを発見します。

どこにも属さないことによって、
群れの中で発生しがちな、「同調の圧力」を避け、
自分の持っている感覚を大切にする。

そうすることで、その人にしか表現できない才能を育むことができると、
山田さんは説明しています。

確かに偉大な人ほど、世間の常識では変わり者であることが
多いですし、 これからの時代は、同調することより、
非属の才能が求められるという、 山田さんの主張には、
説得力があるように思えます。

また、本書の中で、私が一番感心したのは、
「和をもって属せず」という考え方です。

私も、けっこう変わり者なので分かりますが、
「同調の圧力」に反発することのみに、神経が行ってしまうと、
つい不必要に和を乱してしまうことがあるので、
このバランスが非常に難しいところです。

自分の変わっている部分をむやみに主張せず、
重なるところでは共感し、重ならないところで貢献するという
山田さんの考えは、素直にイイな~と思いました。

あと、本書で説明されていた考えや、紹介されていた人物が、
最近、私が読んだ本とミョーに被っていたので、
これも何かの縁だなと、感じました。 

  ・井上雄彦さん → 「明日の広告
  ・王道はどこも大渋滞 → 「ウェブ時代をゆく
  ・偶然や直感 → 「成功の瞬間
  ・整理整頓は敵 → 「だらしない人ほどうまくいく
  ・山田真哉さん → 「食い逃げされてもバイトは雇うななんて大間違い
  ・ヴィレッジバンガード → 「買物欲マーケティング
  ・スティーブ・ジョブズさん → 「スティーブ・ジョブズ

この本から何を活かすか?

山田さんは、人の言いなりには、ならないようにしながらも、
人の話には興味を持って耳を傾けるように勧めています。

いろいろなことに、興味を持つのは、けっこうエネルギーを必要としますが、
今週は、「興味ない」を禁句にして、人の話には手当たり次第に
興味を持って聞いてみることにします。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.  
関連記事

気に入ったらシェア!

ikadoku
この記事を書いた人: ikadoku
毎朝4時に起きて本を読み、13年以上ブログで紹介記事を投稿しています。北海道在住。たまに旅行で長期の休みを取ります。

コメント0件

コメントはまだありません

トラックバック3件

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
  • 非属の才能 (光文社新書 328)山田 玲司 by G-Tools 新品買うのはどうかなと迷った本がブックオフにあると買ってしまう。 とりあえず安ければ読...

    2008.08.10 (Sun) 09:10 | 月のブログ
  • 非属の才能 (光文社新書)作者: 山田 玲司出版社/メーカー: 光文社発売日: 2007/12/13メディア: 新書 「絶望に効くクスリ―ONE ON ONE」の作者山田玲司が描いた、自分らしく生きるための応援本。 引きこもっている人にこそ、非属の才能があるのだ。

    2009.03.09 (Mon) 23:36 | 本読みの記録
  • 非属の才能 (光文社新書)(2007/12/13)山田 玲司商品詳細を見る ■感想 本当の才能とはなにか、自分は才能を伸ばすことに全力を注げているかを確...

    2009.05.16 (Sat) 06:55 | hobo-多読多評-