活かす読書
ikadoku

ビジネス書・ベストセラー本・科学本を中心に13年以上、ひたすら本を紹介し続けるブログ。既に紹介した本は3700冊以上。

その言葉だと何も言っていないのと同じです!

2014年02月05日
コミュニケーション 0
その言葉だと何も言っていないのと同じです!その言葉だと何も言っていないのと同じです!
(2014/01/30)
吉岡 友治

商品詳細を見る

満足度★★★★
付箋数:24

日本実業出版社の細野さんから献本いただきました。
ありがとうございます。

具体的には、どうしたら良いのかわからないけれど、
言われるとなんとなく納得してしまう言葉。

本書の著者、吉岡友治さんはそういった種類の言葉を
「マジック・ワード」と呼びます。

例えば、「可能性はゼロではない」という言い回し。

中身がないのに、わかった気になってにしまうのでたちが悪い。

本書は、そんなマジック・ワードを反面教師にして、
「自分の考えを論理的に伝える技術」を解説します。

本書ではシチュエーション別に36個のマジック・ワードを
紹介します。

私はこれを読んで、普段、自分がどれだけマジック・ワードに
毒されていて、いかに中身のない発言をしていたかがよくわかりました。

ちなみに、本人は意識せずにマジック・ワードを使いがちなのは、
「直感を信じ過ぎる人々」、「いつも正しいことを言いたがる人々」
「何も考えなくなった人々」です。

少し本来の目的からは外れますが、論点をスルーしたい時に、
あえてマジック・ワードを使って状況を切り抜ける視点も
提示しているのが、本書の面白いところです。

例えば、上司から注意を受けた時に、あなたが
マジック・ワードを駆使して答えると、次のような会話になります。

  あなた 「お言葉はよくわかります。しかし、これはそもそも
      悩ましい問題です。評価に関しても、人それぞれだと思います」

  上司  「私の言うことが間違っていると言いたいのか?」

  あなた 「いえ、今回のことは一人ひとりができることを
      しただけであって・・・・」

  上司  「きみがもっと頑張れば、この案件はうまくいったはずだ」

  あなた 「私なりに、主体性をもって取り組んだつもりですが、
      そういうご評価をいただくとは・・・不徳のいたすところです。
      とにかく、いっそう市場の動きに注目したいと思います」

  上司  「つべこべ言い訳をするな!」

  あなた 「失敗は二度と繰り返してはならない。それは私も同意いたします。
      ただ、会社の限られた資源を有効に使うなら、実行にかかる前に、
      もっと議論すべきだったと思います」

この会話の中で、あなたが使ったマジック・ワードは、
「悩ましい問題」 「人それぞれ」 「一人ひとりができることをした」
「主体性をもって」 「市場の動きに注目し」 「二度と繰り返してはならない」
「限られた資源を有効に使う」 「もっと議論すべき」です。

怒れる上司に対して、雰囲気だけのマジック・ワードを使い、
具体的にどんな手を打つかを何も言わずに、
その場をなんとかやり過ごす作戦ですね。

もちろん、本書ではキャッチーなマジック・ワードの
紹介にだけ留まらず、「自分の考えを論理的に伝える技術」も
しっかり解説します。

吉岡さんが挙げる、論理的に伝えるためのポイントは以下の5点です。

  1. まず言葉を定義しよう
  2. 首尾一貫して考えよう
  3. 主張の正しさは根拠で示そう
  4. 論理とイメージを対応させよう
  5. 結論まで同一の内容にしよう

この本から何を活かすか?

「枠を埋める作業」を続けていると、コメントが枯渇し、
いつも同じ表現を使ってしまう。

定期的に情報を発信し続けなければならないマスコミは、
こういった言葉の罠に陥ると、吉岡さんは指摘します。

私も、日々ブログを更新するのは、「枠を埋める作業」なので、
思考停止状態にならないよう注意しなければなりません。

よくあるステレオタイプな表現をリストアップして、
そういった常套句に頼らないようにするのが、
吉岡さんからのアドバイスです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.
関連記事

気に入ったらシェア!

ikadoku
この記事を書いた人: ikadoku
毎朝4時に起きて本を読み、13年以上ブログで紹介記事を投稿しています。北海道在住。たまに旅行で長期の休みを取ります。

コメント0件

コメントはまだありません