活かす読書
ikadoku

ビジネス書・ベストセラー本・科学本を中心に13年以上、ひたすら本を紹介し続けるブログ。既に紹介した本は3700冊以上。

なぜ、追いつめられたネズミはネコに噛みつくのか?

2008年03月22日
自己啓発・セルフマネジメント 2
ネズミ

なぜ、追いつめられたネズミはネコに噛みつくのか?
なぜ、追いつめられたネズミはネコに噛みつくのか?
(2008/01/08)
溝口 耕児 商品詳細を見る

満足度★★★

タイトルになっている「なぜ、追い詰められたネズミは~」は、
諺の「窮鼠猫を噛む」からきています。

本書は、「なぜ?」に対する答えを解説した本ではなく、
追い詰められたネズミが持つような「火事場の馬鹿力」を
自在に使うためのトレーニング方法を説明した本です。

このチカラは、誰の中にも眠っていて、
「超意識(スーパーコンシャスネス)」と呼ばれるそうです。

この意識は、普段は無意識や潜在意識よりもさらに下、
心の一番深いところに潜んでいて、
極限状態になると生命保持のために、とっさに出てくる力
と説明されています。

諺にもなっているくらいですし、
誰しも、自分では信じられないような力を発揮した経験を
多かれ少なかれ持っていると思います。

ですから、この超意識を自由に使えるようになると、
素晴らしい力が発揮できるのかもしれませんね。

本書では、メンタルセラピストである溝口耕児さんが、
超意識を引き出すためのトレーニングを、
自宅で簡単に続けられるようにカスタマイズして、
12週間の行動プログラムとしてまとめています。

期間が「12週間」と区切られていたり、
物欲を刺激するところからプログラムが始まるので、
結構とっつきやすいトレーニングかもしれません。

この本から何を活かすか?

第1~3週のメニューは、次のようになっています。

  ステップ1 本能から生まれる行動パターンを知ること
  ステップ2 あなたの物欲を刺激すること
  ステップ3 小さな成功体験をカウントすること
  ステップ4 「禁止ルールを破る」こと

私は飽きっぽいので、12週間続くかどうかわかりませんが、
まずは、今週末にこのステップ1と2に取り組んでみます。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.  
関連記事

気に入ったらシェア!

ikadoku
この記事を書いた人: ikadoku
毎朝4時に起きて本を読み、13年以上ブログで紹介記事を投稿しています。北海道在住。たまに旅行で長期の休みを取ります。

コメント2件

コメントはまだありません

一馬力

「ギリギリの瞬間に発揮できる力を
 コントロールできればいいのに」

と、考えていました。

トレーニング方法があるんですね。
良い本を紹介して頂きました。

ありがとうございます。

2008年03月23日 (日) 00:33

ikadoku

一馬力さん

私も本書に沿って12週間試したわけではないので、
効果の程は、正直分かりませんが、
少なくとも、書店で手にとって自分の目で
見てみる価値はあると思います。

2008年03月24日 (月) 10:46