活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

内向型人間のための伝える技術

内向型人間のための伝える技術内向型人間のための伝える技術
(2014/01/30)
望月実

商品詳細を見る

満足度★★★★
付箋数:26

著者の望月実さんより献本いただきました。ありがとうございます。

  「内向型人間は、外部環境から多くの刺激(情報)を受け取るため、
  初対面の人が多いパーティや人前で話すことが苦手です。
  また、仕事をするときにも細かいことが気になってしまうため、
  不安を感じて必要以上にエネルギーを消費してしまいます。
  つまり、内向型人間は外向型人間よりも多くの情報を受け取って
  しまうため、情報過多となり頭の中が混乱し、不安を感じやすいのです。」

本書はそんな内向型人間でもできる、「わかりやすく伝える」技術を
解説した本。

望月さん自身が内向型で心配性だったため、
伝えることに関しては試行錯誤を繰り返してきました。

本書では望月さんが15年の社会人生活の中で編み出した、
内向性人間ならではの情報を整理して伝える技術や、
就活でのアドバイス、上司から評価されるコツ、
自分の能力を引き出す助言を受け取り方などが紹介されています。

本書で望月さんは、コミュニケーションを2つの要素に分解しました。

  [コミュニケーションの満足度]
   = [相手が必要としている情報] × [相手が受け取りやすい形]

まずは、「相手が必要としている情報」を知るために、
質問したり観察することで情報収集し、相手のニーズをあぶりだします。

もともと内向型人間は多くの情報を察知できますから、
相手目線で考えさえすれば、どんな情報を相手が求めているかが
わかります。

そして、「相手が受け取りやすい形」というのは、
自分の考えを相手にわかりやすい形に変換すること。

そのためには、ロジカルシンキングや
パラグラフ・ライティング、話し方などの技術を使います。

ただし、本書ではロジカルシンキングやパラグラフ・ライティングなどの
個別の項目は概要の説明に留め、詳細については参考書籍を紹介し、
あまり踏み込んだ解説は行っていません。

その方が、本書の目的であるコミュニケーション全体像を
伝えることができるからです。

また、コミュニケーションを論理的に解説するだけでなく、
望月さんが実際に体験したわかりやすいエピソードも紹介されています。

よく、わかりやすい説明とは、抽象と具体を行ったり来たりしている
と言われますが、本書もそのスタイルになっています。

私が本書で気に入ったテクニックは、
「仕事を早いと思わせるデッドライン・マネジメント」。

仕事が早いという場合も、実際に時間が早い「物理的時間」と
早いと思わせる「心理的時間」があります。

例えば、上司にコピーを頼まれた場合は、
上司の「いかに待たされなかったか」という心理的時間に注目します。

まず、すぐにコピーできるときは、もちろん最優先でコピーします。

すると「こいつはテキパキと仕事をするやつだ」という
印象を与えることができます。

また、すぐにコピーができない時は、
「このコピーは何時までに必要ですか?」とデッドラインを聞きます。

上司から「3時の会議までに用意しておいて」と言われた場合、
「分かりました。では2時までにコピーしておきます」と
デッドラインより早い時間までに仕上げる意思を伝えます。

確かに、「3時まで」と言われて3時ギリギリに仕上げるより、
「2時に仕上げます」と言われた方が上司の心理的ストレスは
なくなり、ずいぶん良い印象を与えることができそうです。

この本から何を活かすか?

本書の巻末では「コミュニケーションに役立つ10冊のお勧め本」
が紹介されていました。

<ロジカルシンキングに役立つ本>
  ◆『イシューからはじめよ
  ◆『自分のアタマで考えよう
  ◆『「それ、根拠あるの?」と言わせない データ・統計分析ができる本
<プレゼンに役立つ本>
  ◆『スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン
  ・『ロジカル・プレゼンテーション
  ◆『外資系コンサルのスライド作成術
  ・『ひとつ上のプレゼン。
<人前で話をするときに役立つ本>
  ・『なぜあの人の話は楽しいのか
  ・『「あがり症」を技術と習慣で克服する!
  ・『DVD付 講師を頼まれたら読む「台本づくり」の本

◆は当グログでも紹介済みの本です。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 交渉術・伝える力・論理・人脈 | 06:42 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ikadokuさん

ブログでのご紹介、ありがとうございました。

私自身最初は、なぜ仕事が早いと評価されるのかは分からなかったのですが、しばらくして上司を待たせなかったことが原因だと分かりました。

それからは、デッドラインに注目して仕事を進めていくようになりました。

それでは、これからもよろしくお願いします。

| 望月 実 | 2014/01/31 08:31 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/2018-4b1919b7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT