活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

新しい自分に生まれ変わる 「やめる」習慣

新しい自分に生まれ変わる 「やめる」習慣新しい自分に生まれ変わる 「やめる」習慣
(2013/12/21)
古川 武士

商品詳細を見る

満足度★★★
付箋数:22

献本いただきました。ありがとうございます。

最初に紹介するのは、習慣化コンサルタント古川武士さんが、
メルマガ読者を対象に調査した、「やめたい習慣」ランキングです。

この中に、あなたの「やめたい習慣」は入っていませんか?

  第1位 嫌なことの先延ばし
  第2位 ネットやスマホへの依存
  第3位 つい食べ過ぎてしまう
  第4位 夜更かしで寝不足になる
  第5位 ムダ遣いをしてしまう

私が特に気をつけたいのが、第3位 の「食べ過ぎ」ですね。

習慣には、「よい習慣」と「悪い習慣」の2種類があります。

「よい習慣」は「続ける」ことが難しく、
「悪い習慣」は「やめる」のが難しい。

古川さんは、2010年11月に刊行した
30日で人生を変える「続ける」習慣』で、
「よい習慣」を続けるためのノウハウを示しました。

しかし、悪い習慣を放置していると、よい習慣を駆逐します。

  「 “悪貨は良貨を駆逐する”  これはグレシャムの法則です。
  悪い貨幣(偽造貨幣)の流通を放置すると、
  よい貨幣(本物の貨幣)を人々が手元においてしまい、
  市場から消えてなくなるという意味です。
  習慣にもまったく同じことが言えます。」

せっかく「よい習慣」を身につけたとしても、
「悪い習慣」をいつまでもやめなければ、
人生や生活のベースの部分がガタガタになってしまいます。

「よい習慣」を「続ける」ことと、「悪い習慣」を「やめる」
ことは、理想の生活を実現するための両輪なのです。

本書は、コーチングやNLPのノウハウをベースに
「悪い習慣」をやめるメソッドを体系化したもの。

本書では、やめたい習慣を「行動習慣」、「身体習慣」、
「思考習慣」の3つに分類して、それぞれをやめる方法について、
具体的なプログラムを提示します。

やめたいのにやめられない人が多いことでは、
喫煙の習慣が代表的ですが、禁煙するときに、
ニコレットガムを噛むことで、イライラなどの症状を
和らげる方法が知られています。

これは、タバコを吸いたいという欲求を、
ニコレットガムに含まれるニコチンで代用して満たし、
禁煙する方法です。

本書で取り上げられる「悪い習慣」にも、
もともとその行為をすることで満たされる欲求があります。

ですから、禁煙補助剤のように、心理的なメリットを
得る代わりの行動が必要なのです。

それが、本書で紹介される「スイッチング」という技術。

スイッチングは、やめる時の苦痛を軽くしてくれます。

また、習慣によっては数週間でやめられる行動から、
数ヶ月かかる行動まであります。

本書では、その習慣をやめるのに必要な期間と症状に応じて、
対処方法が示されているのが心強いところです。

本書を手にすれば、二度と「悪い習慣」に振り回され、
自己嫌悪に陥ることもなくなるかもしれません。

この本から何を活かすか?

  食べ過ぎをやめるための習慣プラン

私が心配しているのは、ドカ食いの波が定期的にやってくること。

若い時は、ドカ食いしても基礎代謝が高いので、
脂肪として蓄積することはありませんしたが、
最近では、その分が確実に身になっている感じがします。

私はお腹が空きすぎて、飢餓スイッチが入ってしまうと、
後から気持ち悪くなるくらい、食べてしまうことがあります。

本書で示されていた「スイッチング」の行動は次の2つ。

  ・空腹がピークになりそうなら、低カロリーのヨーグルトを食べる。
  ・満腹感を味わうために、先に野菜を食べる。

今日から実践してみます。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 自己啓発・セルフマネジメント | 06:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/1987-a8e1fb92

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT