活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

そして日本経済が世界の希望になる

そして日本経済が世界の希望になる (PHP新書)そして日本経済が世界の希望になる (PHP新書)
(2013/09/14)
ポール・クルーグマン

商品詳細を見る

満足度★★★
付箋数:23

本書に「原書」はありません。

なぜなら、本書は訳者の大野和基さんが行った、
ポール・クルーグマンさんへのロングインタビューと、
その後のEメールでの質疑応答をまとめたものだから。

本書は、いわゆる「語り下ろし」です。
この事実が最初にわかっていれば、違和感なく読むことができます。

インフレターゲットを10年以上も主張してきたクルーグマンさん。

これまでクルーグマンさんの提言に耳を貸さなかった日本が、
安倍政権になって、やっと自説を試すことになったわけですから、
アベノミクスを評価しないわけはありあせん。

安倍さんに対しては、次のように賞賛しています。

  「私がいま期待するのは、安倍首相の非日本人的な決断力が、
  人びとの “期待” を変えるのではないか、ということだ。」

また、アベノミクス自体にもかなりの期待を寄せています。

  「この政策実験がうまくいけば、まさに日本は世界各国の
  ロールモデルになることができる。アベノミクスによって
  ほんとうにデフレから脱却できるなら、それは将来同じ状況に
  陥った国に対しても、大きな示唆になるからだ。」

ただし、アベノミクスで行われること全てを
クルーグマンさんは手放して評価しているわけではありません。

第1の矢である「大胆な金融政策」については、
もちろん大いに評価していますが、インフレターゲットは
2%でなく、4%を目指して欲しいと述べています。

第2の矢である「機動的な財政政策」については、
以前の著書では必要ないと考えていたようですが、
本書ではその考えを修正し、必要な政策であると賛同しています。

ただし、第3の矢「民間投資を喚起する成長戦略」には否定的。

なぜなら、政府が「勝ち組」を決めてはいけないから。

  「そもそも、国家が成長戦略を定めるという
  ターゲティングポリシーは今日、どこまで有効だろうか。
  少なくとも明らかになっているのは、政府が “どの産業が将来、
  勝ち組になるのか” ということを決めようとすべきではない、
  ということだ。」

また、消費税増税についても大反対。

  「かつて “1997” という映画があったではないか。
  私の記憶が間違っていなければ、そのストーリーは、
  消費税を3%から5%に引き上げたら、それが “1998年リセッション”
  の引き金になった、というものだったはずだ。」

口述をまとめたものなので、わかりやすい言葉で
語られている反面、後半は話が変な方に進みます。

なぜか、日本の「英語教育」に言及。

日本が10年後に、イギリスの2倍のサイズの通貨を持った
独立国になるためには、まともな英語教育が必須であると
語られています。

正しいことを言っているとは思いますが、
クルーグマンさんの専門の話からそれてしまっているので、
本書の価値そのものを下げている印象を与えます。

インタビューですから、脇道にそれることはあっても、
編集でカバーできるところなので、
紙面を埋めるために載せるべきでななかったと思います。

この本から何を活かすか?

本書の監修と解説は山形浩生さんが担当。
巻末に15ページほどの解説文を掲載しています。

  「アベノミクスを離れたいくつかのトピックとなると、
  いささか放談めいてくる。たとえばシェールガス革命。
  (中略)また最後の “日本人はもっと英語を勉強しろ” が
  クルーグマンから出てくるというのは、個人的には
  ちょっと意外ではあった。」

クルーグマンさんをよく知る山形さんでも、
英語教育への言及には、違和感を持ったようですね。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 経済・行動経済学 | 07:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/1949-d0b6673f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT