活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

一流の想像力

一流の想像力 (PHPビジネス新書)一流の想像力 (PHPビジネス新書)
(2013/05/19)
高野 登

商品詳細を見る

満足度★★★
付箋数:24

  「今、中近東をはじめとするイスラム圏内では、
  日本製ではなく、韓国の大手家電企業のテレビが
  売れているそうです。なぜだと思いますか?」

パッと思いつくのは、価格が安いからという
理由かもしれませんが、違います。

日本のメーカーと、韓国のメーカーで違ったのは「想像力」。

日本企業が作ったテレビは、自分たちの技術力を活かした
品質の高い製品でした。

一方、韓国企業は、使う人の立場になって、
高度な技術を必要としない、ある工夫をしました。

それは、どんな仕組みなのでしょうか?

ここで、イスラム圏の人たちの生活を想像してみてください。

イスラムの人たちは、一日の中で、
私たち日本人がやらないことを、何度か行います。

それは、お祈り。

彼らは、一日5回、決まった時間になったら、
メッカに向かって祈りを捧げます。

ですからイスラム圏で売られている韓国製のテレビは、
「一日5回、お祈りの時間になるとコーランが流れる」
仕組みになっているのです。

イスラム圏の人にとっても、テレビは大きな娯楽ですから、
楽しく番組を見ていて、ついお祈りの時間を過ぎてしまうことも
あるかもしれません。

お祈りを忘れるのは、神への背徳行為ですから、
後ろめたい気持ちになってしまうでしょう。

そうならないよう、使う人の立場を想像して付けたのが、
自動的にコーランが流れる機能なのです。

本書は、「想像力」の大切さを認識させてくれる本。

著者は、リッツ・カールトン元日本支社長の高野登さんです。

高野さんは、結果を出しながら楽しく生きている人と、
そうでない人の差は、想像力にあると考えます。

想像力は普段から使っていないと、
イザという時だけ働くものではありません。

想像力の筋トレをしていない人は、せっかくのチャンスを
生かすことができなかったり、想像力が欠如しているばかりに
大きな問題を引き起こしてしまうことさえあるのです。

  ・デート中の、レストランのグラスに髪の毛が入っていたら?

  ・一番高いステーキ屋の予約をたのまれたら?

  ・あなたがウェイターを勤める深夜営業のレストランに、
   強面の親分が、10人ぐらいの子分を引き連れてやってきて、
   「肉だ。肉、持ってこい」と言われたら?

本書には、実際に高野さんが経験した、
想像力を磨く練習になるケースが数多く紹介されています。

想像力があれば、分析と洞察の先にある無限の答えに
辿り着くことができるのです。

この本から何を活かすか?

リッツ・カールトンは、ホテルカンパニーではない?

高野さんは、もし想像力がなければ、
リッツ・カールトンは創業さえできなかったと言います。

創業時に、初代社長のホルスト・シュルツィさんはじめ
6人のコアメンバーがアトランタに集まり、
「新しいホテルカンパニーを立ち上げる意味」について
話し合いました。

当時、ハイアットやヒルトン、マリオットなどの
ホテルカンパニーが既にあったため、出た結論は、
「新しいホテルカンパニーを立ち上げる意味はない」
というものでした。

しかし、ここからが想像力を働かせるとろです。

シュルツィさんらは、「我々はホテルカンパニーではない」
という共通認識を持ち、「価値を創造するブランド」として
リッツを立ち上げたのです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| アイディア・発想法・企画 | 06:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/1921-7a0ca1b9

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT