活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

データサイエンティスト データ分析で会社を動かす知的仕事人

データサイエンティスト データ分析で会社を動かす知的仕事人 (ソフトバンク新書)データサイエンティスト データ分析で会社を動かす知的仕事人 (ソフトバンク新書)
(2013/08/19)
橋本 大也

商品詳細を見る

満足度★★★
付箋数:22

これからの時代、最も魅力的な職業は何でしょうか?

米グーグルのチーフエコノミスト、ハル・ヴァリアンさんは、
2009年8月のニューヨーク・タイムズへの寄稿した
記事の中で、こう発言しました。

  「I keep saying that the sexy job in the next 10 years
  will be statisticians. And I'm not kidding.
  (私は、これからの10年で最もセクシーな職業は、
  statisticiansだと言い続けている。冗談ではなくてね。)」

statisticiansを直訳すると、統計学者となりますが、
これこそが、「データサイエンティスト」。

米ハーバード・ビジネスレビューもデータサイエンティストを
「21世紀で最も魅力的(セクシー)な職業」と呼びました。

では、データサイエンティストとは一体、どんな職業なのか?

ビッグデータ分析で必要なのが、データサイエンティストで、
現在の日本には千人程度しかいないそうです。

政府の試算では、ビッグデータ分析の経済効果は7兆円で、
将来的にデータサイエンティスト25万人が不足するとの
見通しがあるそうです。

現時点では、公式な定義はないそうですが、
橋本大也さんは、本書の中でデータサイエンティストを
次のように定義します。

  「データを科学的に分析してビジネスの課題を
  創造的に解決する人材」

統計×IT(情報技術)×ビジネスの領域を横断する
クロス人材のイメージです。

例えば、「パズドラ」などのソーシャルゲーム。

ゲーム自体は無料ですが、有料でアイテムを買うと、
よりゲームが楽しめるように設計されています。

ほとんどのユーザーは無料で遊んでいても、
一部ユーザーがどっぷりハマり、有料アイテムを
どんどん買う仕組みが、ソーシャルゲームのメーカーに
高収益をもたらしています。

この中毒性をゲームに仕掛けるのが、データサイエンティスト。

  「彼れらはゲームをするユーザーの膨大な行動ログを
  徹底的に分析し、利益を最大化するチューニングを
  施しているのだ。ゲーム内でどれくらいのペースで
  キャラクターを成長させればよいか、どんなタイミングで
  次のイベントを発生させればよいか、どのように有料アイテムを
  提示すればよいかという確率のパラメータを、高度な統計や
  データマイニング処理、認知心理学的な分析をを通して、
  ユーザーがゲームにハマり、最もお金を使いたくなるように
  最適化する。」

本書では、21世紀の新産業で中心的な人材となる
データサイエンティストについて、現役のデータサイエンティスト
へのインタビューも交え詳しく解説します。

あの名著『イシューからはじめよ』の安宅和人さんも
インタビューで登場します。

データサイエンティストは、なにも理系だけの仕事ではなく、
実際に文系出身者もいるそうです。

職業としてのデータサイエンティストを目指さなくても、
「データサイエンティスト的な思考」は身につけたいですね。

また、データサイエンティストから学ぶということでは、
こちらの本も参考になります。
データ・サイエンティストに学ぶ「分析力」

この本から何を活かすか?

本書では、優れたデータサイエンティストは、
次の3つの思考ツールを使うと紹介されていました。

・オッカムの剃刀 - シンプルに考える
・フェルミ推定 - 限られた情報からざっくり答えを出す
・アブダクション - たくさんの仮説から「もっともらしいもの」
           を選び出す

統計の知識がなくても、とりあえずこの3つの思考ツールは、
使えるようにしたいところです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| IT・ネット | 05:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/1914-94132d4a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT