活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

プロ・ブロガーの 必ず結果が出るアクセスアップ テクニック100

プロ・ブロガーの 必ず結果が出るアクセスアップ テクニック100 ファンにも検索エンジンにも好かれるブログ運営の極意プロ・ブロガーの 必ず結果が出るアクセスアップ テクニック100 ファンにも検索エンジンにも好かれるブログ運営の極意
(2013/08/09)
コグレマサト、するぷ 他

商品詳細を見る

満足度★★★★
付箋数:23

  「2013年には日本のブログが10周年を迎えることもあり、
  そこに向けて、ブログ再評価の流れを作りたいと考えました。」

このように語るのは「ネタフル」のコグレマサトさん。

本書は、2012年に3月に刊行して大好評だった、
「和洋風KAI」のするぷさんとの共著、
必ず結果が出るブログ運営テクニック100』の続編。

アクセスアップが、本書のテーマですが、
その前に、ブログにとって一番大切なことが語られています。

  「筋トレのようにコツコツ書き続けることが
  アクセスアップの大前提。
  書き続けることは、ブログの基本中の基本です。
  ブログは、どこかで “完成” するものではありません。
  書き続け、新しい記事を公開し続けていることが、
  読者にとっても、書き手である自分自身にとっても、
  ブログの存在価値そのものです。」

そのために、本書で紹介されているのが、
あまり負荷をかけずに、永くブログを続けるための
仕組みづくりです。

いくらアクセスを急激に集めることができても、
ブログ自体が長続きしなければ、それではただの一発屋。

私と同じく、水野俊哉さんの「書評ブロガーマトリックス」
2008年版2010年版で取り上げられたブログでも、
現在も書き続けているブロガーの方は、
意外と少ないのではないでしょうか。

3年、5年とブログを続けていると、自分の置かれる環境も
変化して当然です。

その中で何年もブログを書き続けることは、
一時的にアフセスを集めるより難しいことだと思います。

  「大リーグで活躍するイチロー選手の言葉に、
   “打率は変動し、自分でコントロールできない面もあるが、
  安打数は自分の努力で積み重ねることができる。
  だから自分は打率ではなく安打数に目標を置く”
  といったものがあります。
  ぼくは、これを聞いて大きな衝撃を受けました。
  ブログに当てはめると、アクセスはさまざまな要因によって
  増減し、一喜一憂の原因にもなりますが、記事数は減ることがなく、
  右肩上がりに積み重ねることができる、ということです。」

するぷさんのブログ対するこの姿勢は、
本書で最も参考にしたい点です。

記事の更新を続けた先に、はじめて「プロ・ブロガー」が
見えてくるのだと思います。

また、個人的にアクセスアップのテクニックとしては、
いままで使い方がよくわからなかった、
グーグルの「ウェブマスターツール」を使ってみようと思います。

とりあえず、本書を参考に登録できました。

あと、「iPad mini」は外付けキーボードと組み合わせると、
ノートパソコンのように使えてかなり便利とも紹介されていました。

私は購入予定はありませんでしたが、
本書の紹介にかなり魅了されてしまいました。

Retina化されたら、買ってしまうかもしれません。

この本から何を活かすか?

「グーグルリーダー」が2013年7月1日に廃止になってから、
私はフィードリーダー難民と化していましたが、
本書で紹介されていた「Feedly」をその後継とすることにしました。

まずは、ブログにフィードを登録してもらうための
「登録ボタン」を設置しました。

これから自分の「Feedly」へも、以前読んでいた
ブログフィードを登録します。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| ノウハウ本 | 10:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/1908-3a74560a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT