活かす読書
ikadoku

ビジネス書・ベストセラー本・科学本を中心に13年以上、ひたすら本を紹介し続けるブログ。既に紹介した本は3700冊以上。

日本は没落する

2008年02月27日
社会・国家・国際情勢 0
日本は没落する
日本は没落する
(2007/12/07)
榊原 英資 商品詳細を見る

満足度★★

「ミスター円」こと、榊原英資さんが、
日本人全体に危機感を持ってもらうために、
元官僚トップの視点から書いた問題提起の本です。

タイトルもそうですが、本文でも、
今の日本の現状に、徹底的にダメ出しをします。

日本のモノ作り技術はダメ、エネルギー・食料政策もダメ、
外交戦略もダメ、教育もダメ、金融もダメ、IT起業家もダメ・・・・

それに対し、中国やインドにつては、ひたすら礼賛します。

これも、「日本はもっとやれるはずだ」という強い思いから
発せられる言葉だと思いますが、
あまりにも、一般の常識レベルでも分かっている欠点について
連発されると、ちょっと辟易しそうになります。

それでは、ダメな日本は、どうしたら良いのか?

本書では最終章に、榊原さんの提言がまとめられています。

いくつかピックアップしてみると、

  ・定年退職の撤廃
  ・全寮制エリート教育の実施
  ・教育職員免許法を撤廃し、社会人を教員へ
  ・天下り規制の撤廃
  ・移民の受け入れ

などです。

日本の将来の根幹をなす「教育」を見直したいという点は、
私も賛成ですし、榊原さんの意見も十分理解できます。

だからと言って、私には、本書の提言が実現し、
日本が劇的に復活するイメージが、あまり湧きませんでした。

この本から何を活かすか?

榊原さんは、将来に向けて「アジアの共通通貨」の発行を
呼びかけているそうです。

仮に、日本の提唱するアジア統一通貨ができたと想像してみましょう。

榊原さんの言うように、今後、日本が没落するならば、
現状でも、ユーロの参加基準を全然クリアできない日本が、
将来誕生するアジア統一通貨の参加基準を満たせない可能性は
けっこう高いような気がします。

もし、実現すれば、提唱した日本が入れてもらえない、
笑えない冗談になりかねません。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book. 
関連記事

気に入ったらシェア!

ikadoku
この記事を書いた人: ikadoku
毎朝4時に起きて本を読み、13年以上ブログで紹介記事を投稿しています。北海道在住。たまに旅行で長期の休みを取ります。

コメント0件

コメントはまだありません