活かす読書
ikadoku

ビジネス書・ベストセラー本・科学本を中心に13年以上、ひたすら本を紹介し続けるブログ。既に紹介した本は3700冊以上。

100%幸せな1%の人々

2008年02月26日
成功哲学 3
100%幸せな1%の人々
100%幸せな1%の人々
(2008/01/10)
小林 正観 商品詳細を見る

満足度★★★

すべてを受入れること。

過去に起こったこと、現在起こっていること、未来に起こること。
たとえ、それが難病にかかることや、
自分の子供が幼くして死ぬことであっても。

一切、愚痴や不平を言わず、それを受け入れ感謝する。

これが、本書の教えです。

本書では、著者の小林正観さんが、自らの経験を通して、
この教えを59の法則として、やわらかく語りかけます。

私にとっては、「なるほど」と思えるものもあれば、
「そりゃ、ホント?」と思えるものありました。

  ・5万回「ありがとう」を言うと奇跡が起き始める
  ・争わないでいると、敵がいなくなり「無敵」になる
  ・花粉症、アトピーなどの病気の人には性格的な共通項がある
  ・神様が好む人間の行為は「掃除」「笑い」「感謝」

いろいろある中で、私が一番難しいと感じたことは、
「思いを持たない」こと。

「思い」を持って、それに向けて努力することを善と考えている
私のような一般人には、180度方向転換をするようなものです。

何に対しても執着をもたないというのは、
悟りを開くレベルでないと、到達できそうもありません。

しかし、他人に対しては、少しでも受入ようという
気持ちを持って接していきたいものですね。

この本から何を活かすか?

小林さんは、

  「トイレをピカピカに磨いて、蓋をしめておくとお金に困らなくなる」

と言っています。

タイミングを逸してブログ記事にはしていませんが、
夢をかなえるゾウ」を読んだ後、ガネーシャの教えに従い、
2回ほど自分でトイレ掃除をしましたが、
それ以来、まったくやっていませんでした。

今日は、久しぶりにトイレ磨きをしてみようと思います。  

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.  
関連記事

気に入ったらシェア!

ikadoku
この記事を書いた人: ikadoku
毎朝4時に起きて本を読み、13年以上ブログで紹介記事を投稿しています。北海道在住。たまに旅行で長期の休みを取ります。

コメント3件

コメントはまだありません

-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2008年02月28日 (木) 18:04

zhuangyuan

ikadokuさんはじめまして、zhuangyuanと申します。私もこの本読みまして感銘を受けました。確かに「思い」を持たなければと気にしていたのが「思い」を持つなと言われるとどうしていいかわからなくなりますね。たぶん思いを持つ続けた先に「思い」から抜け出る境地があるんでしょう。
はじめてお邪魔しましたがリンクさせていただきます。今後ともよろしくお願いします。

2008年09月25日 (木) 06:58

ikadoku

zhuangyuanさん

本書を読んで、半年以上になりますが、
「すべてを受入れる」という面では、
以前より進歩しようですが、
「思い」を持たないという境地には、
まだまだ遠い感じがします。

zhuangyuanさん、こちらこそ、
今後ともよろしくおねがいすます。

2008年09月25日 (木) 10:41

トラックバック2件

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
  • 最近、ありがとうと言われずにすみませんといわれるようになったなと思います。ちょっとしたことをして「すみません」ですからね。 すみませんて言われると、した方が悪い気がするんですよね。別に悪いことをされた訳じゃないのに~とおもうのだけど。すみません、済んだ

    2008.05.16 (Fri) 21:36 | 義勇:日々多読
  • 今回のフォトリーディングのターゲットは、小林 正観さんの『100%幸せな1%の人々』です。 副題は、「すべてが幸せになる59の法則」です。 そもそも100%幸せってどういうこと? と思って思わず買ってしまったのがこの本でした。 著者の小林 正観さんは、ご自分...

    2008.05.20 (Tue) 06:05 | フォトリーディング@Luckyになる読書道