活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

スミスの本棚 新しい自分が見つかる読書

スミスの本棚 新しい自分が見つかる読書スミスの本棚 新しい自分が見つかる読書
(2013/03/14)
テレビ東京報道局

商品詳細を見る

満足度★★★
付箋数:20

テレビ東京のワールド・ビジネス・サテライトで放送される
人気コーナー「スミスの本棚」の書籍化、第2弾。

スミスの本棚は、ゲストの著名人が「オススメの一冊」を紹介する
隔週水曜日に放送される5分間のコーナーです。

本当のところは、このコーナーの人気があるのかどうか、
私にはわかりませんが、2010年から続いていますし、
本書が2冊めの書籍化なので、きっと人気があるのだと思います。

このコーナーを担当するのは、森本智子アナウンサー。

本書に登場するゲストは、池上彰さん、遠藤保仁さん、
小林武史さん、ジェームス三木さん、みうらじゅんさんなど36名です。

放送日では2011年8月10日放送の山田五郎さんの回から、
2012年10月10日放送の倉持裕さんまでの回から選ばれています。

番組のゲストはリレー形式(いいとも!形式)で
次回のゲストを紹介するようになっています。

第1弾の本では、あえて放送順に関係なくテーマ別に
まとめていました。

第2弾の本書は、テーマ別構成をやめ、
完全ではありませんが、およそ放送順に掲載されています。

比べてみると、こちらの放送順掲載の方が
人のつながりも見えて、流れとしてもいい感じがします。

  「 “スミスの本棚” のコーナーでは、毎回紹介された本を
  必ず読んでインタビューに臨みます。大好きな作家のときは、
  あっという間に読んでしまいます。ただ、中には私にとって
  とても難しい本である場合もあって、そのときは本当に
  徹夜して読むこともあります。
  これまで、一番読むのが大変だったのは、山田五郎さんお薦めの
  『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』でした。」

読むのが本当に辛いときもあるようですが、
このコーナーを担当することで、自分が成長できると
森本アナはわかっているのでしょう。

このコーナーが長く続いているのは、森本アナがこのように
まじめに取り組んで取材を続けているおかげです。

本書にはゲストのインタビューはもちろん、
「森本アナの取材メモ」と「森本アナの読書メモ」も掲載。

「読書メモ」では難易度、お役立ち度、共感度の3つの視点と、
森本アナの一言コメントも添えられています。

本書で紹介されている本は、ゲストの推薦本であると同時に、
森本アナに何かしらのインパクトを与えた本ということになります。

つまり、ゲストと森本アナの2人のフィルターを通った
本が紹介されているというわけです。

本書は、成毛眞さんのような1人の読書家が
紹介する読書本と比べると、かなりバラエティに富んでいます。

個性豊かな36人がそれぞれ挙げる推薦本には、
全く予想もできないところからタマが飛んでくる
といった感じの本もありますね。

サンボマスターのボーカル山口隆さんが選んだ
ラジカセのデザイン!』や
人気ブックデザイナーの名久井直子さんが選んだ絵本、
ネジマキ草と銅の城』などは、かなり想定外の本でした。

本書は36人分の目を持つような、
読書の視野を広げてくれる一冊です。

この本から何を活かすか?

昨日紹介した岡田斗司夫さんと内田樹さんの、
評価と贈与の経済学』の中では、
これから「迷える人はみな仏教へ行く」と書かれていました。

本書に登場するゲストの中で、仏教といえば、
みうらじゅんさんが『マイ仏教』という本を出しています。

仏教に興味があっても、あまり本格的な仏教本は
ハードルが高そうなので、マイブームの延長線上で書かれた、
このくらいの本から入るのが丁度いいかもしれません。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 読書法・速読術 | 07:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/1778-b2353aed

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT