活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

人生が変わる2枚目の名刺

人生が変わる2枚目の名刺~パラレルキャリアという生き方人生が変わる2枚目の名刺~パラレルキャリアという生き方
(2013/01/17)
柳内 啓司

商品詳細を見る

満足度★★★
付箋数:18

  「2枚目の名刺を持つ働き方は、生活の基盤を持ちながら、
  したたかに自分の夢を実現していく “戦略” として、
  今の時代にとてもマッチしていると考えられます。」

本書がススメるのは、本業とは別に副業を持つワークスタイル。

必ずしも、収入増を目的とした副業である必要はありません。

なぜなら、本業とは別のキャリアを持つことが、
収入面以外にも様々なメリットをもたらすからです。

  「2枚目の名刺は、本業との相乗効果を生み、
  さらに人生を楽しいものにしてくれる」

本書の著者の柳内啓司さんは、パラレルキャリアを実践する方。

TBSテレビに勤めながら、年間延べ1000人以上を動員する
勉強会やネットワーキング・パーティーを主催します。

他にもバンドや自転車サークルのリーダーを務めるなど、
2枚目の名刺では、「人をつなげる場」を提供しています。

本業の安定収入があるからこそ、本当にやりたい夢を
小さくスタートすることができる。

そして2枚目の名刺での活動は、本業ではできないことが
経験できる場でもあり、その経験が本業にも活かされます。

藤井孝一さんが、「週末起業」というコンセプトを示して
著書がベストセラーになったのは、2003年のことでした。

当時は、終身雇用が崩れつつありましたが、
まだまだ副業禁止の風潮も根強く残っていました。

それから10年、雇用環境は大きく変わり、
同時にソーシャルメディアが発達し、
個人がやりたいことを小さく始められる環境が整いました。

今なら、自分の夢を始められる。

本書はどちらかと言うと、若い世代のビジネスパーソンに
向けて書かれていますが、10年前に週末起業を断念した
ミドル世代にも、もう一度チャレンジする気持ちを
思い出させてくれます。

  「 “生きがい” を本業とは別に持っておくと、
  会社に依存しなくなるので、会社に対して不平不満を
  ぶつけるようなこともありませんし、精神的に安定して、
  本業でも高いパフォーマンスを出せるようになります。」

本書は具体的なパラレルキャリアを持つ方法よりも、
2枚目の名刺を持つことの意義やメリットが中心に
書かれています。

  第1章 2枚目の名刺で活動するメリット
  第2章 2枚目の名刺を成功させるヒント集
  第3章 これから世界で起こること、そんな時代に合った働き方
  巻末インタビュー

本書の内容は、週末起業などを読んでいる方には、
読む前の予想を大きく超えるものではありません。

しかし、柳内さんの経験や、巻末に掲載されている
パラレルキャリア実践者9名のインタビューは、
時代が大きく変わったことを感じさせます。

そして、あなたの中に眠っていた「夢」の実現に向けて、
背中を押してくれるでしょう。

この本から何を活かすか?

本書の巻末インタビューに掲載されていた、
美容クーポンサイト「キレナビ」の編集長、伊藤春香さん。

伊藤さんは本業以外に、本を執筆したり講演をしたりと、
いくつもの名刺を持つ方です。

その中で、私の目を引いたのは、
ソーシャル焼き肉マッチングサービス「肉会」の
代表を務めていること。

  「肉会は、焼肉好きの男女が出会えるサービスなのですが、
  おかげさまでユーザー数も順調に伸びていて、
  たくさんのメディアにも取り上げていただいています。
  人が動くサービスなので、やっていてとても楽しいです。」

こんなSNSがあるんですね。参加したくなります。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| ブランディング | 06:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/1746-c1e14596

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT