活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

No.1営業ウーマンの「朝3時起き」でトリプルハッピーに生きる本

No.1営業ウーマンの「朝3時起き」でトリプルハッピーに生きる本No.1営業ウーマンの「朝3時起き」でトリプルハッピーに生きる本
(2012/11/09)
森本 千賀子

商品詳細を見る

満足度★★★
付箋数:21

1993年4月、リクルートエージェントに営業職として
新卒で入社した森本千賀子さん。

歓迎式で「ダントツのトップになる!」と宣言したそうです。

そして実際に、1年目の顧客をすべて新規開拓しなければ
ならない状態から、いきなり営業成績1位を獲得。

そこから3年連続、全社MVPに輝き、
20年経った今でも、転職エージェントとしては、
トップランナーの実績を収めているといいます。

森本さんが、これまでビジネスで関わった企業は4500社以上、
累計売上高は数十億円に達するスーパー営業ウーマンで、
NHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」にも出演しました。

また、森本さんは、プライベートでは29歳で結婚し、
妻であり、2児の子どもの母としての顔も持ちます。

本書は、そんなスーパーウーマンの森本さんの
「仕事」×「妻」×「母親」で幸せ度が3倍、
トリプルハッピーになる生き方を指南する本です。

  第1章 「朝三時起き」で生産性が格段にアップする
  第2章 夢をかなえる環境作り
  第3章 トップ営業ウーマンの新規開拓術
  第4章 「あなたがいなければ困る」と言われる自己ブランド確立法
  第5章 脳内意識を変える、アファメーションカード活用術
  第6章 トリプルハッピーに生きるために

「朝三時起き」する森本さん流のタイムマネジメントも、
もちろん参考になりますが、本書で私の目を引いたのは、
第3章の営業の新規開拓の極意でした。

リクルートエージェントは転職支援の会社ですから、
人事権を持った人とアポが取れなければ仕事になりません。

森本さんが徹底的にこだわったのが「社長アポ」。

それは、どの会社においても「人材」について、
一番真剣に考えているのが社長だからです。

しかし、新規開拓のために「社長をお願いします」と
電話しても、なかなか取り次いでもらえません。

そこで森本さんが行った作戦が2つ。

1つは、朝イチ電話営業大作戦。

朝イチバン、7時~8時くらいに何の躊躇もなく
「森本と申します。社長をお願いします」と電話します。

すると、朝イチだと社長本人が電話に出ることが多いようです。

また、秘書の方が出ても、こんな朝早くから電話をかけてくるのは、
よほど重要なアポか、社長の知り合いだと思って、
意外と電話をつないでくれるそうです。

もう1つは、作戦というよりは森本さんの性格のしつこさ。

何度断られても、電話をかけ続け、忙しいと言われたら、
いつだったら時間を作ってもらえるのかと、執拗に食い下がります。

そして、三ヶ月後とか半年後と軽くあしらわれても、
必ずそのタイミングで電話をするそうです。

そうすると、相手に驚かれ、
そこまでするならと会ってくれるケースも多いとか。

泥臭いながらも、そこまでやり切ることが、
大きな実績につながるのでしょう。

本書では、ワークライフバランスを考えるといった、
ヤワな考えではなく、お金で時間を買ってでも、
必要なことにリソースを注ぐ骨太の生き方が示されています。

この本から何を活かすか?

「朝3時起き」は本当に可能か?

森本さんは、夜10時に寝て朝3時に起きる生活を
もう10年続けているそうです。

これが可能なのは、睡眠が5時間で足りる人だからです。

私は6時間睡眠が、一番体調がイイ感じがします。
5時間睡眠が続くと、だんだん辛くなる。

もし朝3時に起きで、日中のパフォーマンスを
落とさないためには、夜9時に寝なければなりません。

それはさすがに、それは厳しい。

ということで私は、夜10時就寝、6時間睡眠の、
「朝4時起き」をしています。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 時間術 | 06:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/1674-4575c1c5

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT