活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

山中伸弥先生に、人生とiPS細胞について聞いてみた

山中伸弥先生に、人生とiPS細胞について聞いてみた山中伸弥先生に、人生とiPS細胞について聞いてみた
(2012/10/11)
山中 伸弥、緑 慎也 他

商品詳細を見る

満足度★★★★
付箋数:24

2012年のノーベル生理学・医学賞を受賞した山中伸弥さんの自伝。

タイトルに「山中伸弥先生に聞いてみた」とあるので、
全編インタビューかと思いましたが、緑慎也さんが聞き手となり、
インタビュー形式で書かれているのは、最後の約60ページのみ。

それ以外は、山中さんが、自身の半生、
そして「iPS細胞ができるまで」と「iPS細胞にできること」
について語ります。

さすがご本人の説明だけあって、非常にわかりやすい。
予備知識がなくてもわかるよう、かなり平易に書かれています。

生い立ちについては、さらっと書かれていて、
高校時代から始まり、神戸大学医学部を経て、
「ジャマナカ」と呼ばれた整形外科医時代へ。

山中さんは、半ば臨床医から逃れるように基礎医学へ進路変更し、
大阪市立大学大学院の薬理学の研究室へ入ります。

その後、山中さんは実験に目覚め、
米グラッドストーン研究所への留学しますが、
帰国後は軽いうつ病になってしまいます。

何度も挫折を乗り越えての、奈良先端科学技術大学院大学での
研究で、マウスの皮膚細胞からiPS細胞を作り出すことに成功。

そして、京都大へ移ってから2007年にはヒトの皮膚細胞からも
iPS細胞を作り出すことに成功しました。

本書が刊行されたのは、ノーベル賞受賞が発表された後ですが、
実際に執筆されたのはその前ですから、
受賞の喜びや影響などには触れられていません。

私が本書で気に入ったのは、
山中さんがグラッドストーン研究所時代、
所長のロバート・メリーさんから教わった成功の秘訣です。

  「研究者として成功する秘訣はVWだ。
  VWさえ実行すれば、君たちは必ず成功する。
  研究者にとってだけでなく人生にとっても大切なのはVWだ。
  VWは魔法の言葉だ」

メリーさんの愛車はフォルクスワーゲンだったそうですが、
VWとは、フォルクスワーゲンのことではありません。

「V」はVisionのV。「W」はWork hardの「W」です。

つまりビジョンを持って、ハードワークすることが、
研究でも人生でも成功には不可欠ということです。

山中さんは、グラッドストーン研究所時代、
他の研究者の3倍は働いたといいます。

また、研究費も実績もなかった奈良先端大時代は、
「ヒトの胚を使わずに、体細胞からES細胞と同じような細胞を作る」
というビジョンを掲げ、ラボの学生を集めました。

まさに、メリーさんの教え「VW」を実践したからこそ、
iPS細胞での成功があったのでしょう。

私たち一般人から見ると、
ノーベル賞を取って良かった良かったという話が、
山中さんからすると今後のiPS細胞の実用化競争では、
日本の現状に、かなりの危機感を持っているようです。

山中さんの好きな言葉、「人間万事塞翁が馬」。

海外の研究成果が上がっている事実もありますが、
「人間万事塞翁が馬」だからこそ、ノーベル賞受賞が
「災いにならないとも限らない」と考えて、
現役の研究者として、気を引き締めているのかもしれません。

それが、本書の表紙に使われている、
にこやかではない山中さんの写真の意味なのではないかと
考えてしまいます。

この本から何を活かすか?

本書と併せて読みたい本。

当ブログでは、過去に山中さん関連の本を2冊紹介しています。

  ・iPS細胞とはなにか
  朝日新聞大阪本社科学医療グループが書く、iPS細胞の解説本。
  海外のiPS細胞の研究者へも取材を行なって書かれています。

  ・「大発見」の思考法
  2008年にノーベル物理学賞を受賞した益川敏英さんと、
  当時ノーベル賞の受賞が有力されていた山中さんはの対談本。
  科学の本当の面白さを伝えてくれる良書です。

是非、併せてお読みください。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 科学・生活 | 07:05 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/1650-c67722fc

TRACKBACK

【研究者と経営者のバランスは五分五分で】山中伸弥先生に、人生とiPS細胞について聞いてみた

いろんな人に支えられてできたiPS細胞です。(153ページより)

| ぱふぅ家のサイバー小物 | 2014/01/26 21:12 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT