活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

お金持ちの「投資家脳」、貧乏人の「労働脳」

お金持ちの「投資家脳」、貧乏人の「労働脳」 ――本物のお金持ちしか知らない55の法則お金持ちの「投資家脳」、貧乏人の「労働脳」 ――本物のお金持ちしか知らない55の法則
(2012/08/23)
世野いっせい

商品詳細を見る

満足度★★★
付箋数:22

  「ちょっと考えてみてください。
  たとえば、1億円利益を出す予定が、結果として5億円儲けたというのと、
  同じく1億円利益を出す予定が、結果として9500万円の儲けだった、
  というのでは、どちらがいいと思いますか?」

このように質問するのは、本書の著者、世野いっせいさん。

現役の日本人投資家で、米国不動産を中心に資産を築き、
年間の不労所得は3億円を超える方です。

日本の不良債権を買収する仕事にも携わり、
14年間、いわゆる「ハゲタカ」として、活動した経験もあるそうです。

世野さんが、本書で解説するのが、お金持ちの思考法。

お金持ちの考え方を「投資家脳」、
一般の人の考え方を「労働脳」として、
その考え方やマインドの違いを説明します。

冒頭の問いに対して、世野さんは次のように答えています。

  「たしかに、金額だけ考えると、5億円もの利益をあげたほうが
  より “成功” したように思えるでしょう。
  けれど、私たち “投資家” はそうは考えません。
  むしろ、後者のほうを “よし” とするのです。
  なぜなら、常に “いかに的(自分の想定する結果)に
  近づけることができるか” ということを第一に考えるからです。」

「投資家脳」で見ると、利益の金額ではなく、
予定していた金額からのブレが大切のようです。

なぜなら、ブレが大きいと、今回はたまたま予定より4億円多い利益に
なったかもしれませんが、その逆のマイナス4億円ということも
ありえるからです。

投資で失敗する人には、儲かったときは原因を分析せず、
自分の実力と勘違いして投資金額を増やす傾向があります。

そして、最後には破綻するのが典型的なパターンですから、
世野さんが言っていることには、説得力がありますね。

更に、世野さんは、「投資家脳」と「労働脳」の違いを示す例として、
もう1つ問いを用意しています。

  「目の前に2台のレース用の車があるとします。
  1台の車(これをA車とします)は、これまで1度も
  故障したことはありません。5年間無事故、無故障で動いて、
  いい記録を出してゴールしています。
  一方、もう1台の車(これをB車とします)は、
  コーナーにくるたびに故障をして、そのたびに修理をしています。
  修理しては走り、修理しては走るという状態なので、
  A車に比べると記録はそれほどいいとは言えません。
  けれど、毎回必ずゴールは決めています。
  それでは、問題です。どちらか1台を買うとしたら、
  あなたはA車とB車、どちらを選びますか?」

この問題、投資家である世野さんなら、「B車」を選ぶようです。

なぜなら、B車はリスクが見えているのに対し、
A車はリスクが見えていないから。

私には、このように問題として出されると、「B車」と答える人でも、
実際には、つい「A車」を選んでしまう場合が多いように思えます。

例えば、投資信託や自動売買プログラムで、
一貫して利益を伸ばしている(ように見える)成績を見ると、
自分が投資しても、同じような成績が出ると思ってしまう。

しかし、いざ自分で投資してみると、その直後から成績が悪化する。

もし、そんな経験をしたことがあるなら、自分では意識せずに、
リスクの見えない「A車」を選んでいるのかもしれません。

そのリスクを見ようとせず、「運がなかった」で片付けてしまう人は、
結局、同じことを何度も繰り返してしまうのです。

本書で世野さんは、投資家の思考法を55の法則にまとめています。

よくありがちな本に見えるかもしれませが、
本物の投資家としての世野さんの片鱗が、随所に見えました。

この本から何を活かすか?

投資家は、必ず「出口」を設定します。

会社を立ち上げた場合の出口は4つ。

「上場」、「売却」、「精算」、「継承」

世野さんが会社をスタートさせるときには、
「最終的にはどこに売却できるのが一番いいか?」
を考えるそうです。

つまり、トヨタになるのを目指すのではなく、
トヨタが欲しがる会社を目指すのだそうです。

この考えは、私には新鮮でした。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| マネー一般 | 06:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/1618-77908f5c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT