活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

どんなにバカな上司の下でも成長できる仕事術

どんなにバカな上司の下でも成長できる仕事術 どんなにバカな上司の下でも成長できる仕事術
(2012/09/14)
緒方 健介

商品詳細を見る

満足度★★★
付箋数:20

著者の緒方健介さんより、献本いただきました。
ありがとうございます。

できれば、この本は私が20代の頃に読みたかった。

ただし、読みたかったと思うのは、今40代の私の考えで、
20代の私は「どんなにバカな上司の下でも成長できる」
なんてタイトルの本は、読もうとしなかったかもしれません。

だったら、無理にでも読ませたい。

こんなバカな上司の下でなんか、やってられるか!

自分より頭の悪いヤツの下で働くこととほど、
ストレスの溜まることはない。

20代の頃の私はそんなことを日々感じていました。

  「実はこの本は、いま41歳の私が、
  20代のころの自分に対するアドバイスとして書きました。」

若い頃の緒方さんも、昔の私と同じように考えていたようです。

緒方さんは、新卒で大手都市銀行に入社しますが、
尊敬できない上司に苦しんだ末、一度は辞めることを決意します。

しかし、その時に父親に助言されたそうです。

  「転職するにしても、いまの実績が問われるぞ」

苦しい状況から逃れたい一心の本人は、なかなか気づきませんが、
客観的に考えると、転職の際に問われるのは、
その人が前の会社でどんな実績を作ってきたかです。

緒方さんは、父親からの一言で、辞めることを
なんとか思いとどまり、今の職場で一番になって
惜しまれる人材になってから、転職しようと決意したようです。

残念ながら部下は、上司を選べません。
そして、どんなに不満を並べても上司は変わりません。

ならばそんなバカ上司を、自分の成長のために利用する。

本書は、バカな上司を「最も大切なお客様」だと思って接し、
自分を磨くための仕事術を紹介する本です。

  ・具体的な指示は最初から期待しない
  ・尊敬する必要はないが、人前では必ず立てる
  ・お客様である上司には、こまめに報告する
  ・自分の成績の責任を、上司に押し付けない
  ・それでもハシゴを外した上司は、見捨てたって構わない!

人が成長する一番の方法は、厳しい環境に身を置くことです。

上司や先輩を手本にして成長することもできますが、
そのロールモデルが、別に直属の上司である必要はありません。

自分のキャリア全般を考えると、バカな上司のもとで、
苦しみながらも、自力で問題を解決する力を身につけることは、
自分の価値を飛躍的に高めることになるのです。

  「たとえどんなにバカな上司の下でも、
  自分が  “できる部下”  になることはできます。」

本書はバカな上司のもとで苦しむ人の
ストレスを緩和することにもかなりのページを割いています。

今、上司のことで悩み、仕事を辞めたいと思っている人には、
ぜひ本書を読んで、思い止まって欲しいですね。

この本から何を活かすか?

  「いろいろな本を並行して読め、と提唱する人がいます。
  私は、知識のベースができるまではむしろ “濫読するな”
  と助言します。並列で読むと読み散らかしになり、
  達成感がなかなか得られないからです。」

並列して読むことを提唱する人とは、本書の帯で
推薦文を書いている、緒方さんの元上司・成毛眞さん。

成毛さんは、「本は10冊同時に読め!」なんて本も書いています。

私自身の読書は、緒方さん同様、直列派です。

資料として本を読む時は並列読みもありますが、
そうでなければ、1日1冊を読み切ることをルールとしています。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 仕事術・スキルアップ・キャリア | 10:30 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

著者です。ご紹介ありがとうございます!ikadokuさんの「20代の頃に読みたかった」という言葉がとてもうれしかったです。上司の立場にたてばすぐにわかることでも、部下であるときにはなかなかわからないことが多いですね。20代で成長するために必要なことは、意外にシンプルで、語学でもITでも海外留学でもなく、上司の仕事もやっちゃうってことなんですけどね。これって、あとから気づくんですよね。僕のように散々無駄な自己投資にお金を使ったあと(笑 この本を読んだみなさんが回り道しないで仕事人生を幸せなものにされることを祈っております。ありがとうございました。引き続きよろしくお願いします。

| 緒方 健介 | 2012/09/27 08:44 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/1599-d82231d9

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT