活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

2013年版 図解革命! 業界地図最新ダイジェスト

2013年版 図解革命! 業界地図最新ダイジェスト2013年版 図解革命! 業界地図最新ダイジェスト
(2012/08/29)
一橋総合研究所

商品詳細を見る

満足度★★★
付箋数:19

高橋書店・松野さんより献本いただきました。
ありがとうございます。

書店で「業界地図」を目にして、気になってはいました。

この手の本は辞書と同じで、あれば便利なのはわかっているけど、
キッカケがないと、購入せずにズルズルといってしまいます。

特に私の場合は、株式情報を得るために、
かつて必要だった紙の「四季報」が、
今ではネット情報で間に合うようになったイメージがあるため、
購入には至らなかったのかもしれません。

しかし、今回頂いてわかりましたが、テキストベースの情報は、
ネットで事足りますが、「図解」は、やはり本には敵わないと。

初めて、業界地図をちゃんと読んでみて、
この情報量で、この価格なら十分元が取れると思いました。

さて、「業界地図」は数社から出版されています。
実際購入しようと思うと、どれが良いか迷うところです。

パッと見、同じように見えてどれを選んだらよいか
わかりにくいのも辞書選びに似ていますね。

恐らく、どの出版社から出ている業界地図も、
各業界上位企業の売上高、営業利益、時価総額、
平均年収などを掲載し、カラーで図解していることでしょう。

この高橋書店の業界地図は、石原慎太郎さんが生んだ、
独立・中立のシンクタンク、一橋総合研究の監修です。

類書に比べて特徴的なのは次の3つ。

1. 万人受けします。

累計70万部売れていることからもわかる通り、
特定の目的がなければ、誰にでも受け入れられる構成。
平たく言うと、当たり外れがないということです。

2. 業界規模を比較できる。

業界内の企業比較はもちろんですが、その業界全体の
規模推移がグラフ化され、業界の平均年収や平均年齢も
掲載されているので、他の業界との比較がしやすくなっています。

3. 各企業の売上の内訳が円グラフになっている。

有名な企業であっても、意外と売上の構成は知られていません。
その企業の売上の内訳がビジュアル化されているのは有難い。

例えば、一般には家電メーカーと認識される、
各社もその売り上げ構成が全く異なります。

1位 日立 9.7兆円(情報通信16%、高機能材料13%、社会・産業11%)
2位 パナソニック 7.8兆円(AVC17%、AP15%、エコS15%)
3位 ソニー 6.5兆円(CPS47%、POS15%、金融13%)
4位 東芝 6.1兆円(社会インフラ37%、デジタル製品25%、電子機器24%)
5位 三菱 3.6兆円(重電25%、産業メカトロニクス23%、家電20%)

同じように白物家電を作っていても、
その技術の背景が、全く異なることがよくわかりますね。

あと、業界地図で気になるのは、区分される業界数です。

高橋書店版で解説される業界数は90業界と類書に比べて少な目。

まずは、自分のお目当ての業界が
掲載されているかどうかチェックしましょう。

知りたい業界や企業が掲載されていることが確認できれば、
逆に業界数区分の少なさはメリットにもなりますから。

この本から何を活かすか?

本書は就職活動する学生さんや、業界の力関係を
押さえておきたい社会人をターゲットに書かれていますが、
普通に茶の間においておいてもいい本です。

意外だったのが、結構子供が興味を持って眺めていること。

我が家のテレビの横には、
本書を含めたこの3冊が並ぶようになりました。

グローバルマップル 世界&日本地図帳
カラー完全版 日本食材百科事典
・2013年版 図解革命! 業界地図最新ダイジェスト

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 会計・ファイナンス・企業分析 | 07:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/1590-b368f46a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT