活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

レバレッジ人脈術

レバレッジ人脈術
レバレッジ人脈術
(2007/12/14)
本田 直之 商品詳細を見る

満足度★★★★

実は、もう少し後で読む予定にしていて、
最初のサワリだけ、ちょっと眺めるもりでしたが、
やめられず、一気に読んでしまいました。

本田直之さんの「レバレッジ」シリーズも本書で第5弾となったので、
正直、あまり大きな期待をしないでページをめくったのですが、
良い意味で、完全に期待を裏切られました。

本田さん、ますますパワーアップしているみたいです。

さて、本書は本田流の人脈術が披露されているわけですが、
有名人と知り合いになるとか、自分を売り込む方法などの、
薄っぺらな方法は、一切紹介されていません。

本書では、人脈作りにおいて絶対に欠かせない精神、
「いかに相手にコントリビューション(貢献)できるか?」という考えが、
最初から最後まで貫かれ、語られています。

細かなノウハウという点では、
他のレバレッジシリーズに及ばない部分もありますが、
仲間を見つけ、つながりを持ち、共に高めあう人間関係を築くには、
本書に勝るものないように思えます。

自分を高め、「会いたいと思われる人」になる。

そして、有名な人や、権力のある人に取り入るのではなくて、
その人が成功する前の「アーリーステージ」から、
コントリビューションすることで信頼関係を築き、
一緒に成長する人脈作り。

まさに理想的な関係ですね。

本書は、私にとっては、最も欠けている部分にフォーカスして
書かれていましたので、シリーズの中では一番、心に刺さりました。

この本を読んでから、コントリビューション、コントリビューション、
コントリビューション・・・、これが頭から離れません。

余談っぽくなりますが、レバレッジ・リーディングの表紙になっていた
素敵な「本棚」を施工した会社のwebサイトが紹介されていました。
よろしければ、こちらから → 「ip20
(本田さんのオフィス本棚の施工例は、
SOHO&OFFICEから入って、HomeOffice08です)

この本から何を活かすか?

本来はその人に合わせて、
何をコントリビューションしたらよいか考えるのですが、
その前段階として、
自分ができる「コントリビューションリスト」なるものを作ってみました。

あと、本書で紹介されていたSNSサイトのLinkedinにもさっそく登録。

私と同じ大学(超地味な国立大学、20年くらい前に卒業)
の出身者も、登録している人がいてビックリです。 

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.     

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 交渉術・伝える力・論理・人脈 | 08:10 | comments:3 | trackbacks:3 | TOP↑

COMMENT

レバレッジ

こんにちは。先日ですが、レバレッジ人脈術の出版の際に本田さんの講演会があったので申し込んで行ってきましたよ!

本人もおっしゃっていましたが、下記URLからわかるように、字面のイメージとはかなりかけ離れていました。笑
http://blog37.fc2.com/y/yoshizawaacc/file/honda.jpg

有名な経営者や書籍の著者だからできたんだ、と思わず、
「この人にできるなら、自分にもできるはず」
「とりあえず、実践してみよう」
この2つをずっとし続けていくと、かなりの差がでてくると一番に言っていました。

今回初めて講演会・セミナーなるものに参加してみたのですが、自分の興味ある人から直接刺激を受けるのもいいですね。たまには、いいかと思います

| SAT | 2008/02/02 14:11 | URL |

レバレッジシリーズ

コントリビューション。僕も頭から離れませんでした。「リーディング」が、レバレッジシリーズの最初の出会いでしたが、いつも何か常に新しい情報を得ることができています。

| eiga | 2008/02/03 01:48 | URL | ≫ EDIT

SATさん

SATさんの、講演会に参加された記事も、
読ませていただきましたよ。
確かに、ちょっとの差の積み重ねが、
後々大きな差になっていくんですね。
SATさんのように、学生の頃から高い意識を持っていると、
将来が楽しみです。

eigaさん

本を読んでいる我々も、本田さんの成長速度に
負けないように、していきたいですね。
そのためには、どうしたら本田さんを上回ることができるか
考えながら、レバレッジシリーズを読むのも
良いのではないでしょうか。

| ikadoku | 2008/02/04 11:15 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/158-dab97495

TRACKBACK

必読本 第595冊目 レバレッジ人脈術

コメント、TB感謝です!ありがとうございました!

| 時間がない人のための自己啓発本・成功法則本 必読ガイド | 2008/02/04 12:37 |

レバレッジ人脈術

レバレッジ人脈術キーワード:  本田直之、レバレッジ、人脈、コントリビューション、Win-Winレバレッジシリーズの著者による、実践的な人脈の築き方が示されている本。内容は以下のようになっている。Prologue 人脈づくりこそ最強の投資―最小の労力で、関わった人すべ...

| Type5w4のBook Diary | 2008/04/27 11:22 |

レバレッジ人脈術 本田直之

◆本日の『人生を変える一冊!』(No.145/210) レバレッジ人脈術おすすめ平均 人脈作りの基本は相手への貢献と自分の価値しだい内容が浅いとにかく中身がない「誰を知っているか」ではなく「誰に知られているか」具体的言い切りがよい!Amazonで詳しく見る by G-Tools 人

| ビジネス本でバージョンアップ2.0! | 2010/06/02 05:45 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT