活かす読書
ikadoku

ビジネス書・ベストセラー本・科学本を中心に13年以上、ひたすら本を紹介し続けるブログ。既に紹介した本は3700冊以上。

ツイッターを持った橋下徹は小泉純一郎を超える

2012年08月21日
社会・国家・国際情勢 1
ツイッターを持った橋下徹は小泉純一郎を超えるツイッターを持った橋下徹は小泉純一郎を超える
(2012/07/03)
真柄 昭宏

商品詳細を見る

満足度★★★
付箋数:20

  「橋下徹 = 小泉純一郎 + 竹中平蔵 + α ≠ 菅直人

  橋下徹には、 “理念を実現するためには殺されてもいい” という
  小泉純一郎のような覚悟、政治任用スタッフを活用して
  決定に持ち込む竹中平蔵のような実務能力、
  それに小泉・竹中時代以上に進んだ、ツイッターなど
  最新の情報コミュニケーション技術を活用する
  コミュニケーション能力を構成要素とするリーダーシップがあり、
  その対極に首相を務めた菅直人がいる。」

本書の著者、真柄昭宏さんは、小泉政権時代に、
竹中平蔵さんの大臣政務秘書および参議院政策担当秘書を
務めた方です。

真柄さんは、本書の冒頭で「2015年の日本」に考えられる
2つのシナリオを用意します。

1つは、衆参両院で中央集権派・デフレ増税派が勝利し、
消費減退から、再びデフレが深刻化した日本。

1ドル=60円台が目前で、日本から製造業が消える可能性さえ囁かれ、
財政破綻のシミューレーションが話題となるシナリオです。

もう1つは、衆参両院で分権派・成長派が勝利し、
改正日銀法に基づく新総裁と首相の協定に基づき、
物価上昇率は2%近傍、円相場は1ドル=100~130円になるシナリオ。

政府はデフレ脱却を宣言し、国民の関心は道州制へ向かいます。

真柄さんは、最初のシナリオに沿って
首相になりそうな政治家は数多くいるが、
あとのシナリオに沿って首相を務められそうな政治家は数少なく、
その数少ない政治家の1人が、橋下徹さんだと考えています。

本書では、変革するリーダーとして、
小泉純一郎さん、竹中平蔵さん、橋下徹さんの3人を比較。

その比較をもとに、橋下さんが、国政入りし、
首相になった場合をシミューレーションします。

また、小泉政権時代の情報発信ツールが「小泉メールマガジン」
だったのに対し、現在の橋下さんは、双方向で即時に情報が広がる
ツイッターを駆使することを挙げ、新たな政治の可能性をを探ります。

ツイッターは、東日本大震災で双方向コミュニケーションの
威力を十分に発揮しましたから、橋下さんのような方が政治の場で使うと、
確かに、大きなうねりを生むかもしれません。

冒頭の恒等式「橋下徹 = 小泉純一郎 + 竹中平蔵 + α」の
「α」の部分がツイッターなどの情報コミュニケーション技術を
表しています。

本書は、竹中さんの秘書として実務を担当した真柄さんらしく、
政治の裏側のリアルな話が多数出てきます。

ただし、その部分のイメージが強いので、
橋下さんの政治手法の検証としては、少し物足りなさも感じます。

中盤では、「主役は竹中さん?」と思えるぐらい、
竹中さんの凄さが際立って描かれていてます。

それはそれで面白く読むことができますが。

この本から何を活かすか?

小泉さんと橋下さんに共通するブレーンは誰か?

  「私にとって経済政策の師匠であり同時に改革の同志でもある
  嘉悦大学の高橋洋一教授は、小泉純一郎と橋下徹の両方に
  政策の提言をしたことのある人の1人である。」

このブログでも、何冊も著書を紹介したことがある高橋洋一さんが、
小泉さんと橋下さんに共通するブレーンのようです。

2012年3月に「日本経済の真相」を紹介した時の
表紙に書かれていた高橋さんの肩書きは「元財務官僚」でした。

しかし、今、手元にある2012年7月刊行の
グラフで見ると全部わかる日本国の深層」を見てみると、
表紙の肩書きは「大阪市特別顧問」となっています。

一度は、表舞台から抹殺された高橋さんでしたが、
戻って来ましたね。

これから橋下さんに任用され、高橋さんが活躍するのが楽しみです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.
関連記事

気に入ったらシェア!

ikadoku
この記事を書いた人: ikadoku
毎朝4時に起きて本を読み、13年以上ブログで紹介記事を投稿しています。北海道在住。たまに旅行で長期の休みを取ります。

コメント1件

コメントはまだありません

職務経歴書

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。

2012年09月10日 (月) 12:42