活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

Think Simple

Think Simple―アップルを生みだす熱狂的哲学
Think Simple―アップルを生みだす熱狂的哲学
(2012/05/23)
ケン・シーガル 商品詳細を見る

満足度★★★
付箋数:24

  「シンプルであることは、複雑であることよりもむずかしい。
  物事をシンプルにするためには、懸命に努力して思考を明瞭に
  しなければならないからだ。だが、それだけの価値はある。
  なぜなら、ひとたびそこに到達できれば、山をも動かせるからだ。
                           ― スティーブ・ジョブズ」

いかにも原題をそのまま持ってきたような本書のタイトル
「Think Simple」ですが、実は原書のタイトルは異なります。

原題は「Insanely Simple(狂信的にシンプル)」。

邦題をあえて変えたのは「Insanely」より「Think」の方が、
日本人に馴染みがあることと、他にもう一つ理由があります。

それは、著者のケン・シーガルさんが、アップルの
「Think Different」キャンペーンの言葉をまとめあげた人物だから。

またシーガルさんは、最初の「i」シリーズ、
「iMac」を命名したことでも知られています。

シーガルさんは、広告のクリエイティブ・ディレクターとして、
ジョブズさんが亡くなるまでの最後の12年を共に働きました。

ですから、本書で描かれているのは、
アップルの完全なインサイドストーリーというより、
パートナーから見たジョブズさんの仕事ぶりです。

ジョブズさんは、いかにして「シンプルの杖」を振るったのか?

  「アップルの革命はすべてシンプルであることへの
  忠誠から生まれた。(中略)インテルやデル、IBM、
  そしてアップルのためにマーケティングをおこなってきた
  私がたしかに言えることは、シンプルさを追求するアップルの姿勢は、
  ほかの企業では見られないということだ。
  それはたんなる熱中や情熱をはるかに超え、
  熱狂の域にまで達している。」

シーガルさんはアップルの社員ではありませんから、
クリエイターとして他のIT企業とも仕事をしています。

ですから、ジョブズさんの徹底的にシンプルさにこだわる
製品作りが、どれくらい他の企業と違って特異なことだったかが、
客観的にわかります。

本書には、随所にインテルなどシーガルさんが実際に
一緒に仕事をした企業とアップルとの違いが書かれています。

人間はシンプルなものを好む。

これはジョブズさんでなくても、誰もが知る事実です。
インテルだって、マイクロソフトだって、デルだってわかっています。

しかし、それがわかっていても、狂信的なまでに
シンプルを目指さない限り、複雑化の罠に陥ってしまう。

シンプルは、一見、安易に見えてしまうので、
つい余計なものを付け足してしまうのです。

結局シンプルの持つパワーを正しく理解し、
それを実現するために、どのくらいのエネルギーが必要かを
把握していたのはジョブズさんだけだったのでしょう。

本書では、シンプルという武器を手に入れると、
どんなクリエイティブなことが実現できるかが、
ジョブズさんの洞察と共に紹介されています。

ただし、ちょっとエピソードを詰め込み過ぎの感じがします。

その意味では、シンプルさを訴える本書もまた、
複雑化の罠に陥ってしまったのかもしれません。

この本から何を活かすか?

  「疑わしきは、ミニマル化」

本書では、判断に迷ったときは、
ミニマル化することが勧められています。

ところで、「ミニマム」と「ミニマル」の使い分け、
正しくできていますか?

私は名詞と形容詞の違いぐらいにしか考えていませんでしたが、
調べてみると使う時のニュアンスも異なるようです。

  ミニマム : 法律などで決められた最小限
  ミニマル : かろうじて必要条件を満たす最小限

詳しくは、「OK Wave」のこちらの回答をご覧ください。
minimumとminimalの違いを教えてください

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| マーケティング・営業 | 06:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/1521-3f056dfa

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT