活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

「お金持ちマインド」の育て方

“本当の豊かさ”を引き寄せる「お金持ちマインド」の育て方
“本当の豊かさ”を引き寄せる「お金持ちマインド」の育て方
(2007/09)
中野 裕弓 商品詳細を見る

満足度★★★

著者の中野裕弓さんは、
お金に対する心配が一切ないそうです。

それは、なぜか?

実は、ある方法を知っているからのようです。
その方法こそが、中野さんが本書で伝えようとしているもの。
それは稼ぐ方法でも、お金持ちになる方法でもありません。

その方法とは、“お金の降らせ方。それも無制限に。”

お金が降るって、イイ表現ですね。
しかし、どこにでも降らせられるわけではないようです。

それでは、どこなら降らせられるのか?

中野さんによると、その場所は、
“お金持ちマインド”のあるところと説明されています。

これが、本書のタイトルですね。
このお金持ちマインドとは、お金持ちが似合う人と同じ意味のようです。

そして、このマインドを身につけるには、
イメージし、なりきり、楽しむことが重要と書かれています。

それでは、具体的は、
いったい、どうやってお金を降らせるのか?

それを叶えるポイントとして、
本書では次の3点をポイントとして挙げています。

  1.イメージを紙に書く
  2.第1歩を踏み出す
  3.ウメちゃんに従う

この1、2は分かるとして、
3の「ウメちゃん」とは、いったい何???

それは、直感や本音として現れる“もう一人の自分”。

外からは見えないけれど必ずある、果肉に覆われた梅干の種
のようだと思って、中野さんはウメちゃんと名付けたようです。

これは、超自我などど呼ばれ、その声に従えば、
自然と幸せな方法に導かれるそうです。

そして、このことを中野さんは、次のように説明しています。

「イメージだけで、現実に引き寄せられる。それはウメちゃんの力です。」

本書も、一種の“引き寄せの法則”を説いているようです。
しかし、中野さんは表現がチャーミングで、独特の世界観をもっているので、
またちょっと違った印象を与えますね。

その辺りが、肌に合うかどうかで、本書の好き嫌いが分かれるでしょう。

この本から何を活かすか?

本書のお金持ちマインドを育てる方法として、
「時間を大切にする」というのが挙げられていました。

ここで言われているのは、効率的にとか、時間を無駄にしない
という意味よりも、“今、この瞬間を大切にする”といった意味合いです。

私は最近、この意識が欠けていたかもしれません。
もうちょっと意識して過ごさなくては・・・ 

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.    

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 成功哲学 | 07:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/152-955c3a2c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT