活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

私が弁護士になるまで

私が弁護士になるまで
私が弁護士になるまで
(2012/01/13)
菊間 千乃 商品詳細を見る

満足度★★★
付箋数:18

元フジテレビアナウンサー菊間千乃さんの司法試験合格体験記。

  「なぜアナウンサーを辞めて、弁護士になろうと思ったのか。
  弁護士になるための勉強のさなか、同じように、
  社会人から弁護士になろうと志を同じくした仲間たちとの切磋琢磨。
  三度しかチャンスのないこの試験に賭け、皆、前職をなげうち
  背水の陣を敷いていた。
  そのぎりぎりの状況のなかで生まれた連帯感と友情。
  ひとり勉強をしているときに、このままずっと私には平穏な日常など
  訪れる日はないのではないかと、不安に押しつぶされそうになった。」

新司法試験制度は、ロースクールで3年間きっちり勉強すれば、
予備校に頼らなくても、7~8割は合格するという触れ込みで
始まりました。

しかし、実際にふたを開けてみると、合格率は25%程度。

旧司法試験の合格率1~2%よりは改善されているもの、
受験するまでに、何度かふるいにかけられるので、
実質的な難しさは、昔とさほど変わらないと言う人もいます。

ちなみに、新制度では法科大学院を卒業してから5年以内に
3回まで司法試験を受験することができます。

裏を返すと、受験のチャンスは3回しかないということです。

菊間さんは、番組で一緒になった弁護士から、
「夜間クラスもあるからロースクールに通ってみたら」
という誘いを受け、アナウンサーの仕事の幅を広げるために
法科大学院に通い始めました。

そして、アナウンサーと法科大学院生の二足のわらじを
履くなかで起こした、未成年を飲酒させた事件。

菊間さんは、この事件で全番組を降板し、謹慎処分となります。

そのなかで、司法試験の勉強は本格化したため、
菊間さんはフジテレビを退社し、受験に専念することを決めます。

1年間の謹慎後、一応、番組には復帰していたものの、
追われるようにして会社を辞めたこともあり、
菊間さんのなかには、弁護士になって見返してやろう
という気持ちがあったのでしょう。

法科大学院卒業後、1度目の受験で不合格。

そして、受験仲間との絆を強めながら、
菊間さんは、2度目の受験で見事合格します。

本書は具体的な勉強方法よりも、その時の菊間さんの心情を中心に
書かれていますから、思わず感情移入してしまいます。

一般の方が書いた合格体験記と違い、
その時の菊間さんの顔を思い浮かべながら読めるのが、
有名人の書いた本のメリットですね。

勝間和代さんの『「有名人になる」ということ』には、
一度、有名人になると、「元有名人」になることはあっても、
「有名人でない人」に戻ることはできないとありました。

菊間さんも、まさにその有名人のひとり。

本書は、よくできた美談と感じるところもありますが、
それは有名人本なので、仕方がないところでしょうか。

この本から何を活かすか?

弁護士がタレントになるパターンはありましたが、
有名人が弁護士になる例は、ほとんどありません。

その意味では、菊間さんは他の弁護士の方と差別化されていて、
ブランド力のある存在です。

菊間さんは、司法修習の自己開拓プログラムで、
古巣のフジテレビで研修を行ったそうです。

菊間さんが、弁護士のコメンテーターとして、
フジテレビ番組に出演する日もそう遠くないかもしれません。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 勉強法 | 06:45 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/1509-70325334

TRACKBACK

まとめtyaiました【私が弁護士になるまで】

私が弁護士になるまで (2012/01/13) 菊間 千乃 商品詳細を見る 満足度★★★ 付箋数:18 元フジテレビアナウンサー菊間千乃さんの司法試験合格体験記。   「なぜアナウンサーを辞めて、弁護士になろうと思ったのか。  弁護?...

| まとめwoネタ速neo | 2012/06/21 21:13 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT