活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

お金は銀行に預けるな

お金は銀行に預けるな   金融リテラシーの基本と実践 (光文社新書)
お金は銀行に預けるな 金融リテラシーの基本と実践 (光文社新書)
(2007/11/16)
勝間 和代 商品詳細を見る

満足度★★★

この本は、はじて金融を学ぶ人向けの、金融「入門書」です。

今まで金融にぜんぜん興味がなかった人が、勝間和代さんの
絶大なキャラクターに引かれ、この本を手にすることで、
これから、まっとうな金融人生を歩むキッカケとなるでしょう。

正直に言って、「目からウロコ」のような内容はありませんが、
マジメに、金融の基本と、その知識の身につけ方について解説しています。

分散投資から始まり、リスク、各金融商品の紹介、
そして、実践に移すまでの注意点など、
かなり広い範囲の内容が網羅されています。

本書の中で、勝間さんが示す
「しっかり儲けるための5原則」は次のようになっています。

  第1原則 分散投資、分散投資、分散投資
  第2原則 年間リターンの目安10%はすごく高い、5%で上出来
  第3原則 タダ飯はない
  第4原則 投資にはコストと時間が必要
  第5原則 管理できるのはリスクのみ、リターンは管理できない

私は、この中でリスクをとったうえでの、リスク管理を一番重視しています。

また、金融で儲けるためには、労働以上の勉強と努力が必要であることや、
段階的に金融リテラシーを身につけ、徐々に実践に移していくステップが
詳しく説明されていたところに、好感が持てます。

本書の中で、最も勝間さんの個性が出ているのは、最終章です。

金融知識を身につけることで、社会を変えていくという大志を持った
勝間さんらしい考えですが、私自身は、そこで紹介されていた
SRI(社会責任投資)ファンドに対し、あまりポジティブになれません。

この本から何を活かすか?

本書の中で、10冊の参考図書が挙げられていました。

私は、投資原資を作るために、もう1冊、
次の本を、加えることをオススメします。

それは、本多静六さんの「私の財産告白」です。

私自身が、現在、労働収入がなくても、生活できるようになったのは、
この本の教えをパワーアップさせ、実践したことに他なりません。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.    

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 投資 | 11:10 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/150-be563221

TRACKBACK

効率が10倍アップする新・知的生産術

効率が10倍アップする新・知的生産術―自分をグーグル化する方法 (2007/12/14) 勝間 和代 商品詳細を見る 満足度★★★★ 本書が目指す姿は...

| 活かす読書 | 2008/02/13 11:06 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT