活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

ウェブ仮想社会「セカンドライフ」 ネットビジネスの新大陸

ウェブ仮想社会「セカンドライフ」 ネットビジネスの新大陸
ウェブ仮想社会「セカンドライフ」 ネットビジネスの新大陸
浅枝 大志 (2007/04/10)
アスキー

満足度★★★

ウエディングプランナー、ペットブリーダー、カジノ経営者、入れ墨師、
自動車メーカー、ファッションデザイナー、航空工学技術者・・・・

ここに挙げた職業の共通点、わかりますか?

そうです、これらは、リンデン・ラボ社が挙げる、
セカンドライフ」内で成立する職業の一例です。

詳しくない方(私も含めて)のために、説明すると、
セカンドライフとは、アメリカのリンデン・ラボ社が運営する
3Dのバーチャル社会。

登録すれば誰でも利用可能で、
アバターと呼ばれる、自分専用のキャラクターを操作して、
その世界を、自由に移動し、出会い、コミュニケーションが取れます。

リンデン・ドルという、現実のアメリカ・ドルと両替可能な
通貨が存在することでも、話題になっていますよね。
日本語対応は2007年中に可能になるとか。

さて、本書の著者である浅枝さんは、
そんなセカンドライフと出会って、「これだ!」と感じ、
わずか3ヶ月で、セカンドライフ参入支援会社を設立。

驚くべき、行動力ですね。

そして、浅枝さんは、
「セカンドライフこそが、次のインターネットのあり方になる」
と確信しているようです。

本書では、セカンドライフのハウツー本ではありません。
多少、宣伝色が強いのも否めませんが、
今後のセカンドライフの利用方法や、企業が続々と参入する理由など、
さまざまな疑問に答えてくれます。

この本から何を活かすか?

早速、セカンドライフに登録し、ビューワーソフトをダウンロード。
アバターの名前はikadku Ohにしました。(あれ、ikadokuのスペルミス)

ログインすると、いきなり、誰かに話しかけれれる。

お~、チャットのボタンはどこだ?
そんなに、早く英語で打てないって!
くっ、苦しいっ・・・

May the reading be with you!

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| IT・ネット | 06:21 | comments:5 | trackbacks:6 | TOP↑

COMMENT

トラバおおきにです。

早速、《セカンドライフ》試してみはったんですか?
凄いですね。僕もいくつかアイデアはあるものの、英語力に
自信がないので、まだちょっと敷居が高いですね。
こちらからもトラバさせて頂きます。
ありがとうございました。

| ボスけん | 2007/05/28 18:24 | URL | ≫ EDIT

コメントありがとうございます。もう、参加されてるんですね。わたしも、参加しようと思っているのですが、英語が中々・・・参加されている内容、もっと、記事にしてくださいね。

| あくと | 2007/05/28 19:37 | URL |

ボスけんさん
セカンドライフ試してみましたよ。いくつかアイディアがあるんですか?いいですね。ぜひチャレンジしてみてください。
実際の会話より、チャットの方が意外に敷居が低いかもしれませんよ。

あくとさん
私も詳しくありませんが、英語チャット特有の表現には、
なれる必要がありそうです。
参考web→http://www.toeic900.info/chateng/first.html
多少フレーズをストックしておけば、やり易いかもしれません。

| ikadoku | 2007/05/29 09:07 | URL |

ありがとうございます。英語の顔文字の部分が、あまり、理解できず、最初から、つまずいております><
頑張っていこうと、努力いたします。。。
それから、トラックバックさせて、頂きました。
これからも、ご教授くださいませ。

| あくと | 2007/06/09 07:48 | URL |

あくとさん

あ~、英語のエモーティコンズには文化の違いを
感じますよね。日本の絵文字と顔の向きが違いますし。
とりあえず、顔文字が出てきたら、
自分の頭を左へ90度傾けるのが、いいんでしょうか?

| ikadoku | 2007/06/10 09:16 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/15-5c0018c6

TRACKBACK

ウェブ仮想社会「セカンドライフ」

果たして新書で出すのか適当かどうかは別として、注目を集める「セカンドライフ」を

| 新書日記(除く土日祝) | 2007/05/28 09:20 |

ウェブ仮想社会「セカンドライフ」

ウェブ仮想社会「セカンドライフ」 ネットビジネスの新大陸浅枝 大志 (2007/04/10)アスキーこの本を読み終わったと思ったら、今朝の朝日の一面トップが『セカンドライフ』ネタでびっくり。でも、これが一面トップって・

| 書評・本/かさぶた書店 | 2007/05/28 09:41 |

ウェブ仮想社会「セカンドライフ」

ウェブ仮想社会「セカンドライフ」出版社/著者からの内容紹介世界中の大企業が次々と参入を果たしている、ネット上の3D仮想空間「セカンドライフ」。それは、ユーザー参加による仮想社会づくりとリアルな経済活動が可能な経済システムで成立している、未開拓の新市場であ...

| いまでもどこかで笑ってますか?…ヤイコに逢いたい♪… | 2007/05/28 18:28 |

『ウェブ仮想社会「セカンドライフ」』

アスキー新書の『ウェブ仮想社会「セカンドライフ」』を読んだ。 「セカンドライフ」

| やっくんの言葉 | 2007/05/29 05:11 |

ウェブ仮想社会『セカンド・ライフ』

ウェブ仮想社会『セカンド・ライフ』これ、ご存知ですか?『セカンド・ライフ』と聞いて、定年後は~云々かんぬん。。と、言っている方・・・違います。ウェブの中で、実際に、自分の分身(アバター)が生活をします。先日、中国の女性が、この、仮想世界の中で、日本円で1億

| 贈りもの屋さん♪心に響くお買い物をしよう/シンプルライフ | 2007/06/09 07:42 |

ウェブ仮想社会「セカンドライフ」

ウェブ仮想社会「セカンドライフ」 浅枝大志 アスキー新書 ¥756  アスキー

| ぼんじん日記 | 2007/06/11 23:53 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT