活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

勝手に売れていく人の秘密

勝手に売れていく人の秘密
勝手に売れていく人の秘密
(2012/03/09)
清水 康一朗 商品詳細を見る

満足度★★★
付箋数:20

モノやサービスを売るためには、マーケティングとセールスの
両方を学ぶ必要があります。

では、一体、誰から何を学ぶのが一番いいのでしょうか?

  「本書には、世界中で支持されている“マーケティングの神様”、
  “営業の神様”の知恵がぎっしりと詰まっています。」

どうせ学ぶなら、その世界でNO.1と呼ばれる人から学べばいい。

そんなコンセプトで書かれたのが本書です。

まず、本書はマーケティングについて、
ジェイ・エイブラハムさんの極意をまとめて紹介します。

エイブラハムさんは、1時間のコンサルティング料60万円、
1日のコンサルティング料480万円という超高額の料金設定ながら、
世界中からクライアントが押し寄せる天才マーケッター。

日本でも金森重樹さん監訳の
ハイパワー・マーケティング」で知られています。

  マーケティングの極意1 オプティマイゼーション
  マーケティングの極意2 フロントエンドとバックエンド
  マーケティングの極意3 セールスファネル
  マーケティングの極意4 戦略的ジョイントベンチャー
  マーケティングの極意5 リスクリバーサル
  マーケティングの極意6 フューチャーペーシング
  マーケティングの極意7 卓越の戦略

次に、本書はセールスについて、
ブライアン・トレーシーさんの叡智をまとめて紹介します。

トレーシーさんは、営業の神様と呼ばれるビジネスコンサルタント。

セールスパーソンとして全米はもちろん、世界85ヶ国以上を歴訪し、
30種類以上の事業を手掛けた実績があります。

このブログでも「フォーカル・ポイント」など、
過去に5冊ほどトレーシーさんの著書を紹介しています。

  営業の叡智1 信頼のピラミッド
  営業の叡智2 ラポール
  営業の叡智3 信頼の構築
  営業の叡智4 ニーズの把握
  営業の叡智5 プレゼンテーション
  営業の叡智6 クロージング
  営業の叡智7 達成の心理学

このエイブラハムさんとトレーシーさんの知恵を、
活かすことができれば、「勝手に売れていく」というわけです。

ただし、エイブラハムさんとトレーシーさんが、
本書を執筆しているわけではありません。

あくまでも、本書は著者の清水康一郎さんが、
2部構成で2人の巨匠の教えをまとめたものです。

だからこそ、あり得ない夢のコラボが実現しているのです。

ズルイと言ってしまえばそれまでですが、
セミナーのポータルサイトを運営する清水さんだからこそ、
このような企画の本を世に出せたのかも知れません。

この本から何を活かすか?

本書のように2人のカリスマを
勝手にコラボさせるのは、面白い企画ですね。

例えば、フィリップ・コトラーさんとジグ・ジグラーさん。
ピーター・ドラッカーさんとヘンリー・ミンツバーグさん。
アンソニー・ロビンズさんとジョン・C・マクスウェルさん。
ジャック・ウェルチさんとスティーブ・ジョブズさん。
大前研一さんとウォーレン・ベニスさん。
ウォーレン・バフェットさんとジョージ・ソロスさん。

考えだすとキリがありませんが、
故人も含め、いくらでも面白そうなコラボができそうです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| マーケティング・営業 | 06:33 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/1496-42dc6fb6

TRACKBACK

まとめtyaiました【勝手に売れていく人の秘密】

勝手に売れていく人の秘密 (2012/03/09) 清水 康一朗 商品詳細を見る 満足度★★★ 付箋数:20 モノやサービスを売るためには、マーケティングとセールスの 両方を学ぶ必要があります。 では、一体、誰から何を学ぶのが一番い?...

| まとめwoネタ速neo | 2012/06/08 06:57 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT