活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

30ポイントで身につく!「ロジカルシンキング」の技術

30ポイントで身につく!「ロジカルシンキング」の技術
30ポイントで身につく!「ロジカルシンキング」の技術
(2012/03/10)
HRインスティテュート 商品詳細を見る

満足度★★★
付箋数:16

今やロジカルシンキング本は、数多く出版されています。

2012年4月21日現在、Amazonで「ロジカルシンキング」で
検索してみると、338件の検索結果が表示されました。

有名なところでは、定番と呼ばれる、
バーバラ・ミントさんの「考える技術・書く技術」や
照屋華子さんと岡田 恵子さんの「ロジカル・シンキング」、
最近では安宅和人さんの「イシューからはじめよ」などがあります。

がっちりとした定番本もあり、更には続々と新しい本も刊行される
ロジカルシンキングの分野で本を書くとなると、
他の本とどうやって差別化するかが、一番の考えどころです。

野口吉昭さん率いるコンサルティングファーム、
HRインスティテュートのコンサルタント4名によって
書かれた本書は、差別化のポイントを次のように考えました。

  「できる限り、現場で実際にロジカルな人が実践している
  思考や言動や習慣を例にして、頭で理解するだけでなく、
  行動を変えていただけるようにしよう、と考えました。
  それは、私たちHRインスティテュートのメンバーが、
  多くの方と研修する中で、“現場での実践”がなによりも
  大切だからと感じたからです。」

本書は論理的思考のコツを「知って、真似て、繰り返す」ための本。

  Ⅰ ロジカルシンキングとは
  Ⅱ わかりやすさを磨く(論理的な主張を展開する)
  Ⅲ するどさを磨く(論理的に問題を解決する)
  Ⅳ ロジカルシンキングを加速させる力

まず、本書を読んでロジカルシンキングの原理原則を学びます。
そして、本書が手本にしているロジカルな人を真似る。
更に、実践を繰り返すことで、論理的思考の習慣化を目指します。

本書は図解も多く、かなり平易に書かれていますから、
定番本に手を出して、難しいと感じた方には、
丁度いい入門書だと思います。

例えば、ピラミッドストラクチャーの説明でも、
「ロジックを強化するツッコミ」として、
次の5つのシンプルな質問で、ロジックのチェックをするよに
解説されています。

  1. 「何の話や?」
  2. 「で、なんや?」
  3. 「なんでや?」
  4. 「他に理由ないんか?
  5. 「で、それはほんまか?」

これが、定番本だと「So What?」とか「Why So?」と
書かれていますから、それに比べると
ずいぶん親しみやすい感じがしますね。

なかなか身に付けることが難しいロジカルシンキング。

着実にモノにしたいなら、無理せずこのぐらいの本から
スタートするのが無難だと思います。

この本から何を活かすか?

私は、本書を読み終えてから、「考える技術・書く技術」と
ロジカル・シンキング」の2冊を引っ張り出して比べてみました。

はじめは内容を比べるつもりでしたが、
その前に、私の本の使い方が明らかに違うので愕然。

この2冊に私は、かなり線を引いたり、書き込みをしていました。

これらの本を読んだのは、もう10年以上前になりますが、
当時は私も、ずいぶん真剣に本を読んでいたようです。

初心忘れるべからず。

本書をきっかけに、大切なことを思い出すことができました。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 問題解決・ロジカルシンキング・思考法 | 08:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/1458-ad9bedf2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT