活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

世界で最も賞賛される人事

世界で最も賞賛される人事
世界で最も賞賛される人事
(2007/10/31)
ヘイコンサルティンググループ、浅川 港 他 商品詳細を見る

満足度★★★

本書は次のような方々に参考となります。

  1.自社の人材マネジメントを改革したい方
  2.これから就職活動する学生の方や転職を考えている方
  3.米国株への投資を検討している方

この本は、ビジネス誌フォーチュンとヘイコンサルティンググループが
共同で調査し、毎年発表している「世界で最も賞賛される企業」ランキング
の中で、常に上位に名を連ねる日本以外の企業の「人材マネジメント」
について紹介したものです。

構成は大きく2部に分かれています。

第1部では、日本型と欧米型の人材マネジメントの違いを比較し、
これから日本企業の目指す方向を探ります。

第2部では、「世界で最も賞賛される」とされた企業の
取締役や人事担当者が自社の人材マネジメント方針を語ります。

ここで登場する企業は、GE、ジョンソン&ジョンソン、アメックス、
プロクター&ギャンブル、フェデックス、ネスレの6社です。

有名な「GEバリュー」や「ジョンソン&ジョンソンのクレドー」
の背景や、その人材マネジメントがもたらす企業の成長の秘密を
垣間見ることができます。

ただし、いくら優良企業といっても、それなりの立場の方が、
自社について語るわけですから、なんらかのバイアスがかかった
発言となっていることに注意して、読まなくてはなりませんね。

この本から何を活かすか?

「ジョンソン&ジョンソンのクレドー(我が信条)」には、
4つの責任が書かれていますが、その中でも、株主への責任が
一番“最後”となっています。

本書では、「創業以来一度も赤字を出さず増配を続け、クレドーという
理念に従えば株主へもリターンがあるので、それを理解いただいている」
という説明がなされています。

しかし、実際には株主にリターンがあるかどうかは、
購入・売却のタイミングや保有期間に大きく左右されます。

それでも、長期投資で株を購入する場合は、
こういった企業文化や企業体質も調べる必要がありますね。
(ちなみに、私は2003年~2005年まで同社の株を保有していました) 

 Miss a meal if you have to, but don't miss a book.   

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 組織・社内教育・コーチング | 11:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/145-e8073021

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT