活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

「稼ぐ力」が身につく大人の勉強法

「稼ぐ力」が身につく大人の勉強法 仕事ができるヤツにガリ勉はいない!
「稼ぐ力」が身につく大人の勉強法 仕事ができるヤツにガリ勉はいない!
(2007/11/30)
松尾昭仁 商品詳細を見る

満足度★★★

現在のあなたの年収やポジションは、
およそ過去3年に、何を学んで
そこからアウトプットしかたの結果である。

本書の著者、松尾昭仁さんは具体的に「3年」と
いう具体的な数字を挙げています。

この期間、「稼ぎ」につながる勉強を、必要なタイミングで
必要なだけ学び、徹底的にアウトプットすることを自分自身に
コミットするよう、本書では説明しています。

松尾さんは、
「アウトプットできない情報は、脳に負担をかけるだけ」と
言い切り、最短で効果を出すことを目指しています。

本書の“勉強”とは、単なるインプットだけでなく、
次の1~6ステップの流れ全体を含みす。

  1.目標を決める
  2.逆算スケジュールを立てる
  3.アウトプット前提のインプットをする
  4.周囲と目標を共有する
  5.アウトプットして、効果を測定する
  6.良い結果はビジネスに取り入れる

松尾さんの説明する勉強法はシンプルで、
書かれている内容はどれも正論です。

しかし、ちょっと正論過ぎて、“突き抜けた部分”がないので、
私には、少々物足りなく感じました。

ただ、本田直之さんや勝間和代さんの勉強法は
理想的過ぎるところもあるので、
その点、松尾さんの勉強法は
リアルで実現しやすいものと考えることができます。

この本から何を活かすか?

本書の「あとがき」で、
「“憧れの出版社”から本を出すことができました」
と松尾さんは書いています。

この“憧れの出版社”とは、ダイヤモンド社を指します。

松尾さんの前作、「その他大勢」から一瞬で抜け出す技術
は日本実業出版社からの出版です。

せっかくですから、この2つの出版社の規模の違いを
調べてみました。

 出版社          資本金    書籍売上金額    市場占有率%
ダイヤモンド社      1.4億円  638,579,646円    1.18%
日本実業出版社    0.7億円  259,070,872円    0.48%
(2006年実績:文化通信2007/1/22より)
 
確かに、数字上でもかなり差がありますし、
ビジネス書としてのブランド力は、もっと差があるのかも
しれません。

松尾さんが敢えて「あとがき」に書くのも
納得がいきますね。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.   

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 勉強法 | 11:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/143-dc7dcd4e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT