活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

できる人の3秒ルール

No.1メンタルトレーナーが教える できる人の3秒ルールNo.1メンタルトレーナーが教える できる人の3秒ルール
(2007/06/21)
西田 文郎

商品詳細を見る


満足度★★★

「超プラス思考」の本です。

本書の目的は、“気持ちを切り換える達人”になること。

できる人(成功者)は、みな、
気持ちの切り替えが早いようです。

ですから本書が教える、できる人の“3秒ルール”とは、
「ことば」「イメージ」「カラダ」の3つを組合せ、
瞬時にマイナスのイメージっを吹き飛ばすことです。

この3秒ルールの極意は、
今回の失敗は、なかったことにして、前へ進む
と説明されています。

具体的な例では、会社の上司に怒られて落ち込んだ時、

  「ことば」で、 → 「なし!」と短く強く自分に言い
  「イメージ」で、 → 嫌な上司の顔を、好きなイチゴに置き換え
  「カラダ」で、 → 決めのポーズをとり

3秒で、自分の気持ちを切り換えるというものです。

シンプルですが、これを条件反射的にできるようになるまで、
自分に刷り込むことが、難しそうですね。

もちろん、著者の西田さんも、失敗しても反省するなと
言っている訳ではなく、マイナスの気持ちを払拭することを
優先させるということです。

ただ上記の例だと、怒られた直後に上司の目の前で、
「なし!」と叫んで、それを振り払うポーズをとっている絵を
想像すると、かなりヤバそうですね。

アホっぽい例を挙げて、申し訳ありません。

他の「プラス思考本」をお持ちの方は、
きっと本書と内容の重複もあると思いますので、
まずは書店で、本書をパラパラとめくってみることをオススメします。

本書は、かなりイラストが大きく、分かりやすく書かれていますので、
それだけでも、十分に本書の雰囲気は伝わってくるでしょう。

そして、自分に合うと思った方は、書き込み式になっていますので、
購入してから、じっくり書き込むのがよいと思います。

この本から何を活かすか?

私の娘は小学1年生ですが、どちらかというと、
気持ちがドンドン前に出て行かないタイプです。

本書は、子供向けではありませんが、イラストも豊富なので、
小学生でも、見ただけである程度イメージできそうです。

今度、本書を娘に見せながら使ってみます。

 Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 自己啓発・セルフマネジメント | 07:12 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/139-dc203825

TRACKBACK

【書店】についてのお得なブログリンク集

書店 に関する最新のブログ検索の結果をまとめて、口コミや評判、ショッピング情報を集めてみると…

| 旬なキーワードでお得なブログのリンク集 | 2008/01/11 07:26 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT