活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

一瞬で「自分の夢」を実現する法

一瞬で「自分の夢」を実現する法
一瞬で「自分の夢」を実現する法
(2007/11/13)
アンソニー ロビンズ商品詳細を見る

満足度★★★★

「一瞬」で自分の夢が実現する訳がない。

あなたは、きっと、そう思うかもしれません。

しかし、ある時点で小さな変化を起こすとで、
その後の人生を大きく変えることができます。

この小さな変化とは、「決断」すること。

つまり、決断した瞬間にあなたの運命は決まり、
決断することに必要な時間は、ほんの一瞬という訳です。

ですから、著者のアンソニー・ロビンズさんは、
この本を書く唯一の理由を、もっと意味のある人生を送りたいと
願う人に“変わるキッカケ”を与えることと述べています。

また、本書の位置付けは、
前作「一瞬で自分を変える法」の続編かつ実践編となっていて、
読んでみると自分の足りない点に気づき、すぐに実践したくなります。

例えば、私は「不快」や「怒り」などの感情を持った場合、
その具体的な解決策を、持っていないことに気づきました。

生活している限り、当然マイナスの感情を持つこともありますが、
その時に、本書が説明する方法で、その感情を有益なメッセージとして、
適切に対処できるようになると、人生の質が大きく変わることになるでしょう。

翻訳・解説を担当した本田健さんによると、
本書は原書を4分の1の分量にした抄訳版とのことですが、
それでも非常に盛りだくさんの内容です。

まずは、「この本の通り実践する!」ということが
最初に必要な“決断”となりそうです。

この本から何を活かすか?

私は、12月24日から本書に紹介されていた
「10日間のメンタル・チャレンジ」に挑戦しました。

これは、たとえ何が起きようとも前向きな心の状態を
10日間連続で維持する(腹を立てたりすると、1日目から
やり直しとなる)という課題です。

1回目は、スキーに行く日程で妻と揉めて、3日目でOUT。

そして2回目を、家族にも宣言して12月27日から再スタートし、
なんとか1月5日に10日連続を達成しました。

やはり、周囲に宣言して始めたほうが、よいようですね。

最後に、新しい年を迎えたので、私のブログの“締めの言葉”を、
本書に紹介されていた、ジム・ローンさんの言葉に変えることにしました。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.
(食べるのを忘れてもかまわないが、読むことを忘れてはいけない)

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 自己啓発・セルフマネジメント | 10:52 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

今年もよろしくおねがいします。

ikadokuさん、コメントありがとうございます。
お休み中にもかかわらず、勝手にTBしてしまい、ご迷惑をおかけしました。
今年もよろしくお願いします。

にしても、
『1回目は、スキーに行く日程で妻と揉めて、3日目でOUT』
スキーに行く日程・・・リアルすぎます。


| 江嵜慶 | 2008/01/11 02:18 | URL |

江嵜慶さん

TB大歓迎ですので、気にせずドンドンお願いします。
ただ、TBして頂いたのに、気づくのが遅い私の方が
申し訳ない限りです。

我が家でスキーの日程で揉めるのは、
実は、毎年の恒例行事になっています。

ブログ拝見すると、水野敬也さんの「ウケる技術」が
文庫化されたんですね。
増補されているなら、読まなくては・・・

| ikadoku | 2008/01/11 10:28 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/133-bf733fc1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT