活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

日本企業が欲しがる「グロ-バル人材」の必須スキル

日本企業が欲しがる「グロ-バル人材」の必須スキル
日本企業が欲しがる「グロ-バル人材」の必須スキル

(2011/09/07)
内永ゆか子 商品詳細を見る

満足度★★★
付箋数:20

今や、伝統的な日本企業でも世界に打って出なければ、
生き残れない時代になりました。

それでは、ドメスティックな日本企業が
世界と戦うには、何が必要なのか?

やはり企業が最も必要としているのは「人材」。

それも国際社会で仕事をしていくうえで、
不可欠なスキルを持った「グローバル人材」です。

本書は、世界と渡り合う人材となるための
必須スキルの身につけ方を解説する本です。

著者は、日本IBMで女性初の取締役を務め、
現在はベルリッツコーポレーションのCEOと
ベネッセホールディングスの取締役副社長を兼務する
内永ゆか子さん。

内永さんは、グローバルスキルを身につける前の土台として、
本書で、次の6つの条件を挙げています。

  1. 「論理力」
    -「英語」を超える世界最強のツール
  2. ゼロベース・コミュニケーション
    -脱「あうんの呼吸」
  3. 「違い」を理解する力
  4. 「そこそこ」の英語力
  5. 「自分」を語る力
  6. 名刺なしで付き合える人脈

この前提とされる条件がけっこう高め。

実際には、本書のスキルを学ぶうちに、
この土台が完成するのかもしれません。

本書では、3ステップで世界に通用するスキルを具体的に学びます。

  ステップ1. マインドをローカル仕様からグローバル仕様にリセットする
  ステップ2. コミュニケーションにおける「国際ルール」を学ぶ
  ステップ3. シチュエーション別に実践テクニックを身につける

そこそこの英語力と言いながらも、
さすがに内永さんはベルリッツのCEOを務めているだけあって、
後半は英語コミュニケーションにおけるコツに関する
話題が多くなっています。

個人的な好みで言うと、グローバルに通用するスキルを
実際に身につける点では、以前の記事で紹介した
キャメル・ヤマモトさんの『「世界標準」の仕事術』の方が、
私には合っているように感じました。

ただし、本書は付録APPENDIXが非常に充実しています。

  ・会議で扱いにくい参加者のタイプと、その対処法
  ・電話会議(テレカンファレンス)のDOs&DON'Tsリスト
  ・プレゼンテーションで必ず役立つキーフレーズ

など全部で9つの付録が40ページ以上のボリュームで掲載されています。

この付録だけでも、けっこう役立ちそうなものがあります。

この本から何を活かすか?

  「世界中どこにいても会話が弾む11のコツ」

これも本書の付録APPENDIXの中のひとつ。

一番目のコツは、相手の文化に積極的に興味を示すことです。
もし、知らないことがあれば謙虚な姿勢で質問するのが正解。

  What sports do you enjoy in your country?

といった具合に尋ねるといいようです。

まあ、逆に考えると、外国人と話す場合は、
日本の文化に興味を持って質問してくる可能性があるということですね。

現在、NHK教育テレビでは、江口裕之さんが講師を務める
「トラッドジャパン」という語学講座を放送しています。

日本の文化を英語で伝える教養型英語番組のようですね。

今度、録画して見てみようと思います。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 仕事術・スキルアップ・キャリア | 06:24 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/1323-8a4a0429

TRACKBACK

『日本企業が欲しがる「グローバル人材」の必須スキル』の参考文献リンク集およびブレない軸を作る「古典」リスト

今回は『日本企業が欲しがる「グローバル人材」の必須スキル』内永ゆか子著(朝日新聞出版、2011)です。 結局、英語だけじゃない!とか言いながら実際は本書の1/3近くは英語に関する話なのでやっぱりなに...

| ほんからり  ~本からいろいろリンク~ | 2012/02/09 23:37 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT