活かす読書
ikadoku

ビジネス書・ベストセラー本・科学本を中心に13年以上、ひたすら本を紹介し続けるブログ。既に紹介した本は3700冊以上。

営業でみるみる新規開拓できる魔法のセールストーク

2007年12月25日
マーケティング・営業 0
営業でみるみる新規開拓できる魔法のセールストーク
営業でみるみる新規開拓できる魔法のセールストーク
(2007/11/02)
吉野 真由美商品詳細を見る

満足度★★★

この本は、新規開拓の営業に的を絞ったトーク集です。

営業を始めて間もない人や、なかなか営業成績が
上がらない人には、いろいろと参考になりそうです。

先回り話法、ほめ殺し話法、3E話法、RWDP話法など、
すぐに活用できる具体的な営業トークがたくさん紹介されています。

また、営業に疑問を感じた時に読んでも、
モチベーションを上げるのに役立つでしょう。

 「営業で築き上げた人脈こそ、本物の人間関係である。
 表面的な友人関係の百人分、千人分の価値がある。」

こんなことを冷静な時に聞くと、ちょっと言い過ぎかな、
という感じもしますが、営業は難しい仕事ですから、
落ち込んだ時に自分を鼓舞するには、
これぐらいでちょうど良いかもしれませんね。

また、電話でアポを取る際の“七つの禁句”には、
つい言ってしまいがちな、セリフが並んでいます。

 1.資料はもう届きましたか?
 2.お送りした資料は、もう見ていただけましたか?
 3.資料は、いかがでしたか?
 4.お伺いしてもよろしいですか?
 5.いつがいいですか?
 6.ごあいさつだけでもさせてください。
 7.5分だけでも時間をいただけると、嬉しいです。

いずれも、これでノーと言われると、話が終わってしまったり、
あるいは、裏があると感じさせるものばかりで、
これを言わないようシナリオを組み立てると、
アポを取る確率が上がると説明されていました。

この本から何を活かすか?

私は営業職ではありません。

そこで私は、この本を“売り込まれる側”として、
活用しようと思います。

ヤリ手の営業マンに売り込まれると、つい不必要なものでも
買ってしまいそうになりますが、売る側にとっての価値が、
売られる側にとって必要な価値とは限りませんので、
必要ない場合は、しっかり断ることが、お互いのためでしょう。

May the reading be with you! 
関連記事

気に入ったらシェア!

ikadoku
この記事を書いた人: ikadoku
毎朝4時に起きて本を読み、13年以上ブログで紹介記事を投稿しています。北海道在住。たまに旅行で長期の休みを取ります。

コメント0件

コメントはまだありません