活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

ゼロから3年で100億円企業を作った男のガムシャラ仕事術

ゼロから3年で100億円企業を作った男のガムシャラ仕事術
ゼロから3年で100億円企業を作った男のガムシャラ仕事術

(2011/09/21)
森平 茂生 商品詳細を見る

満足度★★★
付箋数:17

一大ブームとなった合成樹脂製のサンダル「クロックス」。

いまや大量の模倣品が出回り、
あの形のものは、すべてクロックスと呼ばれるほどで、
大人から子どもまでに愛用されています。

このブームを日本で仕掛けたのが、本書の著者・森平茂生さん。

クロックスはアメリカで2002年に設立されたブランドです。

森平さんは、2005年にハワイでクロックスと出会いました。

  「そのあまりの履き心地の良さに、ついには自分で
  クロックスを扱う事業をやってみたくなった。」

日本での代理店権を獲得するのではなく、
森平さんは、2005年にクロックス日本法人を設立します。

日本では全くの無名だったころから、決して安売りをせず、
「靴屋に売らない靴メーカー」としてブランディングをすすめます。

そして、全国的なブームを巻き起こし、
森平さんに率いられたクロックス日本法人は、
設立からわずか3年で年商100億円を突破することになります。

森平さんは、クロックスを始めて数年たったころ、
次のようなことを言う、何人かの人に出会ったそうです。

  「丁度、森平さんがクロックスを始める前かな~?
  私もクロックスをハワイで見つけてね。
  あれ絶対に売れると思ったからやろうと思ったんですよ。」

しかし、実際に行動を起こしたのは、森平さんだけでした。

なぜ、森平さんだけが行動を起こせたのか?
その差は一体、なんなのか?

  RISK TAKER

  リスクテイカーとは、困難に果敢にチャレンジし、
  成功を手にする人のことを言う。

森平さんと、気がついても行動できなかった人の差は、
リスクをとって一歩を踏み出したかどうかの差です。

本書では、森平さんが歩んできた道のりを通じて、
リスクをとりながらも、思いっきり情熱を傾けて
何かに打ち込むことの大切さを伝えています。

仕事術というタイトルになっていますが、ノウハウ本ではありません。
また、クロックスのブランドストーリーでもありません。

2008年、森平さんは更なる自分らしさ、新事業を求めて、
クロックス日本法人を退社しています。

本書は、クロックス立ち上げ以前とクロックス退社後も含めた、
森平さんのガムシャラな半生記になっています。

この本から何を活かすか?

本書では、「リスクテイカーの掟」が巻末付録としてまとめられています。

その中の記述に「自分の得意を3つ以上用意しよう」
というのがありました。

例えば、英語を話せる人がはたくさんいます。

また、マッサージ技術を持った人もたくさんいます。

しかし、英語も話せてマッサージができる人はそれほど多くいません。

更に、これに商業施設や流通に詳しいという3つ目の得意を加えると、
競合する人はほとんどいなくなります。

森平さんは、一見バラバラな3つの得意を組み合わせて、
ビジネスチャンスがないか考えるように提案しています。

ちなみに、英語、マッサージ、商業施設の知識の3つを組み合わせて、
森平さんが考えたのが、米国のショッピングモールで、
東洋的なマッサージのサービスを展開するビジネスです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 仕事論 | 12:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/1307-40ad1962

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT