活かす読書
ikadoku

ビジネス書・ベストセラー本・科学本を中心に13年以上、ひたすら本を紹介し続けるブログ。既に紹介した本は3700冊以上。

ペンギンもクジラも秒速2メートルで泳ぐ

2007年12月22日
科学・生活 0

ペンギンもクジラも秒速2メートルで泳ぐ―ハイテク海洋動物学への招待 (光文社新書 (315))
ペンギンもクジラも秒速2メートルで泳ぐ―ハイテク海洋動物学への招待 (光文社新書 (315))
(2007/08)
佐藤 克文商品詳細を見る

満足度★★★★★

ウミガメ(爬虫類)は定温動物、ペンギン(鳥類)は変温動物。

これを読んで、「おい、間違ってるぞ!」と思った、あなたは優秀です。
中学校の理科の授業で習ったことを、ちゃんと覚えている方ですね。

この本には、誰もが知っている教科書の内容を覆すような
実験結果が、記されています。

水中で暮らす動物の生態については、意外なほど、
未知の現象があるようです。

だからと言って、本書は、いろいろな生物学の疑問に、
網羅的に答えるQ&Aの本ではありません。

あくまでも、著者である佐藤克文さんの研究対象となる、
ペンギン、アザラシ、ウミガメなどの生態観測から分かった、
興味深い事実を紹介する本です。

ですから、この本を読んだからといって、明日からのあなたの生活に、
大きな変化をもたらすことはありません。

実用性の面で考えても、男性の読者に限定で、
強風下での“立ち小便の仕方”が参考になる程度でしょう。

しかし本書は、海洋動物の生態に全く興味のない人にも、
読む価値が十分にあります。

まず、なんといっても、おもしろい。

私が、ここまで笑った本は、藤巻健史さんの「外資の常識
以来、記憶にありません。

そして、新しい発見をするときのワクワク感や、実験でのドタバタ感が、
非常によく伝わってくる「おもしろ実験記」に仕上がっています。

たくさんの本を読んでいると、思いがけず、
素晴らしい本と出合うことがありますが、この本がまさにそうでした。

まさに“多読冥利”に尽きます。

佐藤さんは極地を飛び回る現役の研究者なので、
すぐに次回作を期待するのは、むずかしい面がありますが、
次に一般向けの本が出版されれば、私は、すかさず読むことでしょう。

この本から何を活かすか? 

「求む男女。ケータイ圏外。わずかな報酬。極貧。
失敗の日々。絶えざるプレッシャー。就職の保証なし。
ただし、成功の暁には、知的興奮を得る。」

これは、探検家のシャックルトンさんが、同行メンバーを募る際に、
イギリスの新聞に掲載した名文もとに、佐藤さんが作ったものです。

佐藤さんには、「日本にも、こんなにおもしろい職業がある」
と いうことを、青少年世代に伝えたいという想いがあります。

私は、残念なことに、高校生の親類や知人はいませんが、
今後、どこかで高校生に接する機会があれば、
有無を言わず、この本をプレゼントしようと思います。 

May the reading be with you! 

関連記事

気に入ったらシェア!

ikadoku
この記事を書いた人: ikadoku
毎朝4時に起きて本を読み、13年以上ブログで紹介記事を投稿しています。北海道在住。たまに旅行で長期の休みを取ります。

コメント0件

コメントはまだありません

トラックバック1件

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック